×

【豪州戦】日本代表、現実的スタメン予想。伊東復帰…入れ替えは2人、3人?

(C)SAKANOWA

ボランチに守田!? さらにあるとすれば…。森保監督はサウジ戦「いい戦いができた」と手応え。

[カタールW杯アジア最終予選 B組4節] 日本 – オーストラリア /2021年10月12日19:10/埼玉スタジアム

 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループB第4戦、サッカー日本代表がオーストラリア代表と対戦する。オーストラリアは3連勝、日本は1勝2敗。FIFAランキングは日本26位、オーストラリア32位。

 早くも2敗目を喫して森保一監督の責任問題も噴出するなか迎える、この試合の「現実的」なスタメン予想をしたい。

 指揮官は敗れたもののサウジアラビア代表戦(●0-1)について、「いい戦いができた」と評価し、明暗を分けたのは「ミスを突き切るか、突かれるかの差」と振り返っている。それだけに、ここで先発の大幅な入れ替えはなく、やはり「信頼」してきたメンバー中心で臨むことになりそうだ。

 まず右MFはサウジ戦を累積警告で出場停止となった伊東純也(ゲンク)の復帰が確実。むしろこの大一番に備えてきたキーマンとなる。

 そしてサウジアラビア戦でミスから失点し、全体的に精彩を欠いた柴崎岳(レガネス)に代わって、守田英正(サンタクララ)が起用される可能性は高い。ただ、森保監督は柴崎をチームの軸に据えてきただけに、そこは変わらず――ということも大いにあり得る。

 あるいは、トップ下の鎌田大地(フランクフルト)は所属先同様、なかなかパフォーマンスが上がらずにいる。サウジアラビア戦は決して悪くなかったものの、良いとは言えなかった。

 とはいえ負傷した久保建英(マジョルカ)も不在とあって、選択肢として、三好康児(アントワープ)、あるいは2トップ気味の古橋亨梧(セルティック)や浅野拓磨(ボーフム)の起用が候補に挙がる。であれば、周囲の特長を引き出せる鎌田がやはり重宝されるか。

 他にオナイウらの起用も推奨され、攻撃が滞る左サイドの修正も必要とは感じられる。が、指揮官は最終予選3試合を行う中で“上積み”を感じていて、3試合連続フル出場中の大迫勇也(神戸)、遠藤航(シュツットガルト)、吉田麻也(サンプドリア)、冨安健洋(アーセナル)、権田修一(清水)、さらには酒井宏樹(浦和)を軸に、そこまで大幅なテコ入れはないと見ていいだろう。

【注目記事】
【日本代表】ロサーノ監督招へいに「現実味」。リーガMX拒否…メキシコ代表を率いて森保ジャパンに勝ち東京五輪銅メダル

日本人選手市場価格ランキングTOP20。3位久保建英、2位冨安健洋、1位は…

【サウジアラビア戦 採点】柴崎岳ら3人に最低点「1」。冨安健洋ら及第点4人。日本代表はW杯アジア最終予選2敗目

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads

×