×

【日本代表】4-3-3ハマり「個」の局面で上回る。田中碧の初ゴール、浅野拓磨のショットからのOGで豪州に勝利!

オーストラリア戦、日本代表の田中碧が先制!写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

オーストラリアと3ポイント差に。

[カタールW杯アジア最終予選 B組4節] 日本 2-1 オーストラリア /2021年10月12日19:10/埼玉スタジアム

 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループB第4戦、サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)が田中碧の国際Aマッチ初ゴールと浅野拓磨のループシュートからのオウンゴールで、オーストラリア代表に2-1の勝利を収めた。

 日本はサウジアラビア戦(●0-1)から先発3人を入れ替え、田中碧、守田英正、そして出場停止明けの伊東純也が加わる。

 そして田中と守田をインサイドハーフに配置する4-3-3の布陣が採用された。前半はこれがハマり、高い位置からのプレッシングでオーストラリアを困惑させる。

 1対1の「個」の局面で、遠藤航から前の選手たちが常に上回り主導権を掌握する。さらにそこに推進力も加わり、敵陣で試合を進めていった。

 迎えた8分、左サイドで受けた南野拓実が逆に展開。これを受けた田中が決めて、ホームチームに先制点をもたらした。

 それでも予選3連勝中だったオーストラリアも次第に重圧を強める。70分、守田がファウルを与え、一度PKと判定されたもののペナルティエリアラインのちょうど外のFKに修正。しかしこの直接FK弾をアイディン・フルスティッチに決められてしまう。

 ただ選手交代を続けた直後、86分、交代した浅野拓磨のループシュートがポストに当たり、これが相手選手を押し込む形でオウンゴールに。

 日本はそのまま逃げ切り2-1で勝利を収めた。

 日本は2勝2敗の勝点6、オーストラリアは3勝1敗の勝点9

 日本代表のメンバーは次の通り。

▼先発
GK
12 権田 修一
DF
5 長友 佑都
(85分 20 中山 雄太)

16 冨安 健洋
19 酒井 宏樹
22 吉田 麻也
MF
6 遠藤 航
17 田中 碧
13 守田 英正
(85分 7 柴崎 岳)
10 南野 拓実
(78分 18 浅野 拓磨)

14 伊東 純也
FW
15 大迫 勇也
(61分 11 古橋 亨梧)

▼控え
GK
1 川島 永嗣
23 谷 晃生
DF
2 植田 直通
3 室屋 成
4 板倉 滉
MF
8 原口 元気
9 鎌田 大地
FW
21 オナイウ 阿道

冨安健洋。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA
浅野拓磨のショットがオウンゴールを誘発!写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA
伊東純也。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA
試合後あいさつする(左から)吉田麻也、浅野拓磨、田中碧。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

【注目記事】
【日本代表】ロサーノ監督招へいに「現実味」。リーガMX拒否…メキシコ代表を率いて森保ジャパンに勝ち東京五輪銅メダル

日本人選手市場価格ランキングTOP20。3位久保建英、2位冨安健洋、1位は…

【日本代表】こんな布陣を見てみたい。2トップに古橋亨梧&オナイウ、伊東純也復帰も…三笘薫不在が痛い。W杯最終予選オーストラリア戦

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads

×