×

【名古屋】不振脱却からの栄冠。マッシモ監督が語った真実「このルヴァンカップのタイトルに、どうしても頭が行っていたのかなと思います」

名古屋のマッシモ・フィッカデンティ監督。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

一方、天皇杯敗戦後は「知り合いとは思いたくない」と厳しい言葉を送る。

[ルヴァン杯 決勝] 名古屋 2-0 C大阪/2021年10月30日/埼玉スタジアム

 ルヴァンカップ決勝、名古屋グランパスが前田直輝と稲垣祥ゴールでセレッソ大阪に2-0で勝利し、同大会初優勝を果たした。ACL(アジアチャンピオンズリーグ)敗退以降、なかなか調子が上がらず、リーグ戦の優勝消滅、そして天皇杯も落とした。

 その不振を振り払っての快勝でのタイトル獲得――。どのように選手たちのモチベーションを引き上げたのか。

 名古屋のマッシモ・フィッカデンティ監督は試合後のオンラインによる記者会見で、次のようにこの決勝に向けた選手たちへのアプローチについて語った。

「最近勝てずにいましたが、言い訳しようと思えばいくらでもできました。隔離生活を強いられる中で、大切な試合が続きました。ただ、なぜ試合を落としてしまったのか、その現実的な状況を見ようとしてきました。ただどうしても、こうしてしっかりファイナルまで来ている、このルヴァンカップに、頭が行っていたのかなとも思いました」

 指揮官はもう少し具体的に説明する。

「その苦しい生活では、通常のようなメンタルコントロールを保つのが難しく、リーグ、天皇杯とすごく大事な試合で、通常であればそれぞれ一つずつ集中していたはずです。ただ、それが難しかったのかなとは感じます」

 このタイトルに懸ける思い――。そこにいつしか選手たちの気持ちが集中していたと感じたというのだ。

「とはいえ天皇杯では(先日のセレッソ大阪戦での敗戦)、『君たちの姿は、知り合いとは思いたくない姿だった。私が一緒にやってきたとは思いたくない。こんなものじゃないだろう!』という強い言葉を使いながら、彼らを駆り立てました。自分たちの力をしっかり信じようと。そういったアプローチをして、彼らは持っている力を出し切ってくれたと思います」

 絶対にタイトルを獲得したいという思いが、この決勝へ――知らないうちにベクトルを向かわせていたのではないかと分析していた。

「時間ごとにいろんな姿を見せながら、すごくいいゲームができて、名古屋のファミリーには『おめでとう』と言いたいです」「しかるべき戦いができたのではないかと思います」

 来日からサガン鳥栖、FC東京、そして名古屋と3チーム目。フィッカデンティ監督自身にとっても、初となるタイトル獲得となった。

【注目記事】
神戸がユンカー獲得へ「国内最高額」提示?浦和は夏に拒否、しかし冬の移籍市場で再び狙われる!?

【PHOTO】U-22日本代表プレーヤーズFILE:香港戦4-0勝利! 内田篤人、川口能活の両コーチも(16枚)

元新潟&セレソン、グレミオのコルテースが清水に移籍!?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads