×

あれパンツのタグが…長崎DF二見、後半開始の円陣で少し慌てる

(C)SAKANOWA

試合は水戸に勝利、J1昇格へ一縷の望みをつなぐ。

[J2 36節] 長崎 2-1 水戸/2021年10月30日14:03/トランスコスモススタジアム長崎

 J2リーグ、V・ファーレン長崎が前半終了間際のウェリントン・ハット、さらに51分の植中朝日のゴールで、水戸ホーリーホックに2-1の勝利を収めた。これで勝点を65に伸ばし、J1昇格へ望みをつないだ。一方、水戸は安藤瑞季が1点を返したものの、あと1ゴールが遠かった。

 この試合、ふとしたシーンに思わず会場に集まった5022人の観客から温かい拍手が送られるシーンがあった。

 ハーフタイムを挟んでの後半開始前。両チームの選手がピッチに出てくる。水戸の選手たちがまず円陣を組み、先にピッチ上に散る。

 続いて長崎も――。そこで何人かの選手が、笑顔を浮かべる。

 DF二見宏志がナンバー26の入ったパンツの紐を結ぼうとすると、そこに商品のタグが付いたままに! このセカンドハーフ前のタイミングで履き替えたのだろうか、それに気付いた二見は苦笑いを浮かべて、すぐピッチサイドに向かった。

 チームスタッフが駆け付けハサミでそのタグを取り去ると、会場からは拍手も。二見は全速力で長崎の選手たちが待つ円陣に戻って声を掛け合い、改めて気合いを入れて後半を迎えた。

 試合は後半1点ずつを奪い合い、長崎が勝利! 二見も体を張った守備でフル出場し、勝点3獲得に大きく貢献した。

 これで長崎は19勝8分9敗(55得点・39失点)勝点65に伸ばして4位をキープ。残り6試合、例え全勝しても、2位京都サンガF.C.が2勝以上すると追い越せないというJ1昇格に向けて厳しい状況ではある。ただ、首位・ジュビロ磐田との直接対決も残しているだけに、望みある限り、一戦必勝で勝ち切っていきたい!

【注目記事】
神戸がユンカー獲得へ「国内最高額」提示?浦和は夏に拒否、しかし冬の移籍市場で再び狙われる!?

元新潟&セレソン、グレミオのコルテースが清水に移籍!?

日本代表MF鎌田大地、ミランへ“玉突き移籍”か。マルディーニが欲する!?

[文:サカノワ編集グループ] 

Ads

Ads