×

日本代表初招集、荒木遼太郎が挙げたテーマは「フィジカル」。大迫勇也の強度の高さにインパクトを受ける

日本代表候補キャンプでトレーニングする鹿島の荒木遼太郎。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

「ボールを奪い切り起点に。守備の部分も強化したい」

 サッカー日本代表の国内組による候補者キャンプに参加中のFW荒木遼太郎(鹿島アントラーズ)が1月19日、オンラインによる取材対応に応じ、開始から2日間で得た合宿の感触とともに今後への課題と意欲を語った。

 プロ2年目の昨季はJ1リーグ10ゴールを記録。94年の城彰二(当時:ジェフ市原/現・千葉)以来、史上2人目となる10代(19歳)でのリーグ二桁ゴールを達成した。

 そしてこの2022シーズン、鹿島の「10番」を襲名。日本代表候補にも初めて選出された。

 今回は国内組のみではあるが、荒木は日本代表での活動に参加した第一印象について、「目指してきた場所。フィジカルなど全てにおいてレベルの高さを実感しています。まだ入ったばかりなのでチャレンジャー。持ち味を出していきたいと思っています」と語った。特に「海外でプレーしてきた大迫さんのプレー強度」などインパクトを受けたそうだ。

 そして『ワールドカップとは?』という漠然とした質問を受けた荒木は少し考えて、もちろんサッカー選手として目指している大会ではあるが、「今は一つひとつ、1日1日を大事に必死にやっていき、次の予選のメンバーに選ばれるようにやっていきたいです」と、基本スタンスは変わらず、目の前の勝負に勝つことへのこだわりを口にした。

 現在のテーマに挙げたのが「フィジカル」。20歳のアタッカーは「自分でボールを奪い切り、そこで起点になれれば。それに守備の部分も強化していきたいです」と語った。加えて「いろんなポジションをできる体力を身につけていきたい」とも感じたそうだ。

 初の日本代表での活動は、いろいろな“気付き”を与えてくれる機会になっている。プロ3年目の飛躍へ、鹿島の新10番は「いい感じでスタートを切れました。代表に入り続けるためにも、鹿島で結果を残すことでつながっていくと思っています」と言い、まずはあと3日間、今キャンプでインパクトを残し、カタールW杯アジア最終予選ホーム2連戦(27日:中国戦、2月1日:サウジアラビア戦)に臨むフル代表入りを目指す。

【注目記事】
マン・C、バルサ移籍…松井大輔が「見栄えはいいが、意味ない」と警鐘を鳴らす。“ヒーロー”になってこそ出世できる。内田篤人と語り合う

日本人選手市場価格ランキングTOP20。久保建英4位、南野拓実3位、1位は初めてあの男!Jリーグ勢トップ、浦和の酒井宏樹に

「令和鎖国だな」日本代表FW大迫勇也にも影響、神戸オーナー三木谷氏が新規入国禁止継続で激怒!「これは明らかに憲法違反」

[文:塚越始]

Ads

Ads