×

【磐田】中山雅史コーチとの練習結実、大津祐樹が1得点1アシスト「自信を持ってできた」

京都戦後のオンライン取材に応じた、磐田の大津祐樹。(C)SAKANOWA

鈴木雄斗へのクロスで2点目ももたらす。

[J1 3節] 京都 1-4 磐田/2022年3月5日14:03/サンガスタジアム by KYOCERA

 J1リーグ3節、ジュビロ磐田の大津祐樹が京都サンガF.C.戦で今季リーグ初先発を果たし、その期待に応えて1ゴール・1得点の活躍を見せ、チームを4-1の勝利へ導いた。伊藤彰監督にとってもリーグ初白星に!

 35分、左サイドのハーフスペース約25メートルの位置で、松本昌也からのリターンパスを受ける。そこでDFが詰めてくる前の段階で、大津はダイレクトで右足を振り抜き、ファーサイドのネットを揺らしてみせた。

 大津はこのシーンを次のように振り返った。

「一回昌也にあずけ、自分がもらった時にはシュートのイメージができていました。ちょっとタイミングを取った時、右のカドが空いていると思ったので、あとは思い切って蹴りました」

 そして磐田のナンバー11は、中山雅史コーチのもとで取り組んできたシュート練習が結実したと胸を張った。

「ゴンさん(中山コーチ)のもと、毎日シュート練習をしていて、あのシチュエーションにも取り組んでいました。自信を持って、日頃からやっていることを出せました」 

 さらに数的優位に立った後半の62分には、クロスから鈴木雄斗のチーム2点目をアシスト! そして大津はこのあと交代に。

 このあと磐田はさらに2点を追加し、4-1と大勝。大津自身、そしてチームにも勢いをもたらす活躍ぶりを見せた。

【注目記事】
今季通算10枚目のレッドカード。上福元がDOGSOで退場、ルール上は妥当だが厳しい!?【京都×磐田】

上福元のDOGSO退場劇に京都の曺貴裁監督「オフサイドかどうかのVARだと最初思いました」

齋藤学、大久保嘉人よりも盛り上がった新加入・鈴木雄斗の「クリスマスプレゼント秘話」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads