×

日本代表への声援復活!東アジア選手権で「声出しエリア」設置。カシマ&豊田開催、韓国、中国、香港と対戦

日本代表戦でも声援が復活!写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

スタジアムの一部に設置。

 日本サッカー協会は7月19日から27日にかけて茨城県のカシマサッカースタジアム、愛知県の豊田スタジアムで開催される「EAFF E-1サッカー選手権2022決勝大会」で、新型コロナウイルス感染症対策を講じたうえで声を出して応援できる「声出し応援エリア」を、各会場で設置すると発表した。

 この「声出し応援エリア」の設置は、政府の基本的対処方針に基づいた段階的導入の運営検証の対象となる。政府や開催自治体と調整のうえで運用される。

 スタジ アムの収容率は50パーセントの人数を上限とし、いずれの会場も、声出し応援エリアは一部エリアの設置となる。

 声出し応援エリア席を購入された来場者のみ、不織布マスクを着用のうえで声を出して応援できる。対象エリア外での声出しは禁止となる。

【注目記事】
J1リーグ営業収益ランキング。4位神戸、3位鹿島、2位浦和、1位は!? コロナ禍の続く2021シーズン売上高

ピカチュウの清水エスパルス移籍が「間近に迫る」

【野々村チェアマン記者会見 一問一答】声出し応援の浦和に罰金最大2000万円、次回違反で「無観客+勝点はく奪」を諮問へ

Ads

Ads