×

【川崎】小林悠が練習中に左第5趾基節骨を骨折、全治8週から10週間

川崎の小林悠。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

開幕からしばらく欠場に…。2022シーズンはリーグ30試合・5得点など、公式戦39試合・9ゴールを記録。

 J1リーグの川崎フロンターレは1月15日、元日本代表FW小林悠が13日のトレーニング中に負傷し、検査の結果、左第5趾基節骨の骨折と診断されたと発表した。全治まで約8週から10週程度を要する見込みだ。

 小林は2022シーズン、J1リーグ30試合・5得点・4アシスト、ACL(AFCアジアチャンピオンズリーグ)6試合・4得点・2アシストなど、公式戦トータル39試合・9得点・6アシスト。

 最近はスーパーサブでの起用が増えた35歳のストライカーだが、ピッチに立てば必ず結果を残してきた。来月の開幕からしばらく欠場を余儀なくされることになり、チームとしても痛い離脱となった。

【関連記事】
【神戸】まさか…GKウーゴ・ソウザ「家族の事情」で移籍撤回か

【DAZN】22年ライブ視聴数トップ10。6位 浦和vs神戸、2位 川崎vsFC東京、日本代表のW杯最終予選が1位&3-5位。オーストラリア戦“過去最多”

川崎】2023年の背番号発表、佐々木旭が谷口彰悟の「5番」継承、大南拓磨が「3番」、上福元直人は…

Ads

Ads