×

【広島】ジュニオール・サントス、フォルタレーザ移籍へ。「ファンの愛情は特別でした」サンフレッチェサポーターに感謝を告げる

広島のジュニオール・サントス。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

2022年はボタフォゴでプレー、移籍金は約9000万円か。

 J1リーグのサンフレッチェ広島が保有権を持ち2022年はブラジル1部ボタフォゴFRに期限付き移籍していたブラジル人FWジュニオール・サントス(Junior Santos)が、フォルタレーザECに完全移籍することが確実になった。

 ジュニオール・サントスは1月20日、自身のインスタグラム(@jr.santos.official)で、広島とボタフォゴへ「今日は二つのクラブに別れを告げる日です」と報告したうえで感謝を伝えた。

 ジュニオール・サントスは次のように広島サポーターに感謝している。

日本で一番長くプレーしたクラブ、サンフレッチェ広島へ、今までありがとうございました。ファンの方々の愛情は特別なもので、私はそれを永遠に胸に刻んんでいきます。多くのことを学び、目標を持ってひたむきに努力し、彼らの力になれたことを嬉しく思います」

 そして今後だが、ブラジルの移籍情報に詳しいジャーナリストであるヴェネ・カーザグランデ氏(@venecasagrande)が1月21日、ブラジル1部フォルタレーザに加わるとレポートした。2025年12月までの複数年契約で、「広島から370万レアル(約9000万円)で購入した」ということだ。

 柏レイソル、横浜F・マリノスでも活躍。横浜FM時代の2020年には22試合・13ゴールと活躍。28歳のストライカーがブラジルに戻ることに。その年齢的には、もしかすると、再びJリーグ復帰もあるかもしれない。

【いま読まれている記事】
浦和狙うギアクマキス、ポステコグルー監督が注目発言「ここ数日で決まると思う」

Jリーグ監督可能に。JFAのS級講習会、内田篤人と中村憲剛が“特例”初、元浦和の平川忠亮、元FC東京の佐藤由紀彦、元G大阪の大黒将志も

【札幌】上里一将がTMに練習生で参加。獲得の可能性は? 河合竜二SD「ゼロではないが…」

Ads

Ads