×

元ブラジル代表「10番」ルーカス・リマが柏レイソルへの移籍を「見送る」

ブラジル代表でのルーカス・リマ。 (Photo by Mike Ehrmann/Getty Images)

ブラジル国内の移籍を優先へ。

 ブラジル・セリエA(1部)のフォルタレーザECを退団した元ブラジル代表MFルーカス・リマ(Lucas Lima)がフリートランスファーとなり、新天地を探している。

『ファナティコス』によると、リマは12月31日で契約満了を迎えたあと、J1リーグの柏レイソル、さらにブラジル1部ゴイアスEC、新興のシアノルテFCから獲得の打診を受けたそうだ。しかし、その動向について、「柏への移籍は見送られて、競争力のあるセリエA(ブラジル1部)でのプレーが優先される」と伝えている。

 センターハーフを主戦場にする32歳のリマは、昨季ブラジル1部22試合・2アシスト(公式戦49試合・4アシスト)を記録して復活を印象付けた。ブラジル代表としても2015・16年、計10試合に出場していて、ネイマール不在時には「10番」をつけた。一時はFCバルセロナ入りも噂されたタレントだ。

【移籍の関連記事】
神戸が狙ったGKウーゴ・ソウザ、欧州移籍失敗。ベンフィカ行き直前破断の理由は…

名選手は名監督にあらず!?元イングランド代表主将、ランパード監督がエバートン解任。チェルシーに続きまたも…

スコットランド記者がギアクマキス移籍を巡り議論「何か奇妙だ」「5億5000万円は安い」。浦和への移籍は実現するのか

Ads

Ads