×

【浦和】ヘグモ監督「素晴らしいサポーターの前で、素晴らしい攻撃を見せられましたが、そこから守備への切り替えのところが今日は不十分だったかもしれません」。湘南にAT再逆転を許し2-3敗戦

浦和のヘグモ監督。写真:石橋俊治/(C)Toshiharu ISHIBASHI

「2-2に追い付かれたゴールが決定的(クリティカル)でした」

[J1 22節]浦和 2-3 湘南/2024年7月6日19:03/浦和駒場スタジアム

 J1リーグ22節、浦和レッズが湘南ベルマーレとの一戦、途中出場したチアゴ・サンタナの2ゴールで74分に逆転に成功したが、90分からの2失点で、2-3の再逆転負けを喫した。

 浦和のペア=マティアス・ヘグモ監督は試合後の記者会見で、次のようにまず逆転に成功したところまでを振り返った。

「前半は悪くなかったと思いますが、スペースを与えてすぎてしまったところはありました。そしてカウンターからバランスを崩したわけではないものの、失点してしまいました。

 ハーフタイムには、バランスよく落ち着いてボールを動かし、プレーしようと伝えました。後半立ち上がりからしっかり支配して試合を進められました。そしてチアゴが素晴らしいゴールを二つ決めてくれました。そのあともチャンスを作り続け、3点目、4点目も奪えていてもおかしくなかったと思います」

 また2-2に追い付かれた失点シーン以降、指揮官は次のように具体的に指摘。何より球際に勝負へ行けなくなってしまったことを悔やんだ。

「湘南も決してそこまでチャンスを作れていませんでしたが、2-2に追い付かれたゴールが決定的(クリティカル)でした。ロングボールからの球際で負けてしまいました。(佐藤)遥大は残ってスペースをカバーしていればよかったところで前へ出てしまいました。そこで相手がフリーの状態になりました」

「3失点目も人数は揃っていましたが、そこを破られてしまいました。後半への入り、そして後半のほとんどの時間帯について誇りを感じていいと選手たちに話しました。ただ、この試合の最後の5、6分の締め方のところは、教訓としてしっかり学ばなければいけません」

「1対1の場面では命を懸けて戦わなければいけない。最悪の場合はフリーキックを与えてでも止めなければいけません。さらにゴールを決めて試合を決定づける、そうでなければ、決意を持って試合を締めなければいけません。もちろん同時に私自身が戦術的にこの結果を避けるために何ができたか、評価して見てみないといけません。選手たちの今日の戦いをたたえたいですが、しっかり教訓は持ち帰りたいです」

 ヘグモ監督は初の駒場スタジアムでの采配になった。それだけに勝利をファン・サポーターとともに分かち合いたかったと悔やんだ。

「湘南はボール扱いが上手く、スペースを与えれば得点能力が高いチーム。最後の5、6分前までは、相手にあまりスペースを与えずにゲームをできていましたが……。素晴らしいサポーターの前で、素晴らしい攻撃を見せられましたが、そこから守備への切り替えのところが今日は不十分だったかもしれません」

いま読まれている記事>>【サッカー日本代表】伊東純也のトラブル、A子・B子側の主張は…

 いくつかの課題が明白にもなった。次節14日はアウェーでの京都サンガF.C.戦、そして20日はホームで北海道コンサドーレ札幌と対戦する。

Ads

Ads