×

【日本代表】3バックの予想布陣。板倉ら好調なDF陣の試験が可能に

(C)SAKANOWA

試合開始から採用も?

[国際親善試合] 日本代表 – パナマ代表/2021年11月13日15:15(日本時間23:15)/オーストリア・グラーツ

 日本代表(SAMURAI BLUE)が11月13日現地15時15分、日本時間同23時15分から、オーストリアのグラーツ・リーベナウ・シュターディオンでパナマ代表と親善試合で対戦する。FIFAランキングは日本が27位、パナマが77位。

 森保一監督はこれまでA代表では4-2-3-1を西野朗前体制から踏襲する一方、兼任する東京オリンピック代表(U-23日本代表)ではサンフレッチェ広島時代にリーグ三度の制覇など結果を残してきた3-4-2-1を主に採用。そんななか、前回10月シリーズの初戦カメルーン戦の後半45分間、3バックが採用された。

 指揮官は戦い方に大きく変化を付けるためにも両システムの併用を目指している。もしかすると、このパナマ戦、試合開始から3-4-2-1が採用される可能性もある。

 今回3-4-2-1を採用するメリットとして、最終ラインの選択肢が増えることが挙げられる。FCフローニンゲンで開幕からオランダ1部リーグで全試合フル出場中の板倉滉、前回コートジボワール戦で決勝点を決めた植田直通、前回2試合に先発した中山雄太ら調子をキープするDF陣を組み込みやすくなる。

 そして前線のトリデンテも、鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌ではシャドーにも対応していたが)、南野拓実、鎌田大地、浅野拓磨、久保建英、三好康児……誰が組めば、どのような相乗効果が起きるのか。本来であればこの時期から本格化していた東京オリンピック世代との融合にもなり、とても興味深い。

 また、カメルーン戦では約1年ぶりの活動再開とあって、各ポジションの約束事がある程度定まっている3-4-2-1でありながら、森保監督はあまり制約を設けず、比較的、自由にプレーさせていた。しかし結果、攻撃面はほとんど機能したとは言えなかった。

 この11月シリーズで3バックを採用した場合、指揮官が選手たちに「規律」をどのように与えるかも注目点になる。

 日本はこのあと17日(同18日5時)、FIFAランキング11位の強豪メキシコ代表とも対戦する。

注目記事:【ヴィッセル神戸】イニエスタが子供の頃、サッカーの次に熱中したのは?夫婦円満の秘訣も照れながら明かす

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads