来年U-20W中止、西川潤は「素晴らしい大会。このメンバーで出たかった」

U-19日本代表候補合宿でオンラインの取材に応じた西川潤。協力:日本サッカー協会

国際舞台で真剣勝負できる貴重な舞台だっただけに――。

 国際サッカー連盟(FIFA)が2021年開催予定だったインドネシアU-20ワールドカップ(W杯)、ペルーU-17W杯の開催中止を決定――。U-20W杯の予選を兼ねる来年3月開催予定のウズベキスタンU-19アジア選手権に向けて、U-19日本代表は21日から27日まで千葉で合宿を行っている。日本サッカー協会(JFA)はアジアサッカー連盟(AFC)が25日時点で、来年開催予定のU-19とU-16アジア選手権の開催についてアナウンスしていないため、合宿を継続。アジアの頂点を決める大会に向けて、活動を行っていくそうだ。しかしAFCが各大会を中止にした場合、今後の活動について、改めて検討するということだ。

 セレッソ大阪に所属する西川潤は25日の活動を終えたあと取材に応じて、U-20W杯中止を受けて率直な感想を語った。

「U-17、U-20ともにワールドカップ(W杯)は本当に素晴らしい大会だと身に染みて感じてきただけに、このメンバー、このチームで、あの大会に出たかったのが率直な気持ちです。(中止と)決まってしまったことはしょうがないので、自分たちが目標にしているW杯だったり、海外で活躍する目標をブレずに、いろんな遠征に行ってきたことが無駄ではなかったと、今後のサッカー人生やプレーにつなげていきたいです」

 ただ、西川はこれも過程だと受け止める。

「ミーティングで中止になったことが伝えられ、聞いた直後はみんな悔しがっていました。頭が真っ白になりました。この大会に向けて準備していただけに、そういった気持ちはありました。ただ練習試合が行われる時には、上手く切り替えて臨めました。(西川選手自身は?)世界のいろんな国で活躍しているトップの選手が揃い、レベルの高い個やチームと戦うことで自分のスキルアップにつながっていく大会。ここで出た課題を改善して、チームの中で良さとして出していきたいです」

 そのように18歳のアタッカーはさらに先、日本代表として国際Aマッチ、そしてW杯のピッチで活躍することを見据え、目の前の戦いに全力で向かっていく。

注目記事:内田篤人が携わる世代…U-20、U-17W杯の中止決定。開催国そのまま2023年大会へ

[文:塚越始]

Ads

Ads