×

【U-24日本代表】スタメン案。久保建英、三苫薫、三好康児…タレント揃いの2列目を軸にアルゼンチンへ挑戦

U-24日本代表「こんな布陣を見てみたい」。(C)SAKANOWA

東京五輪へ”結果=ゴール&勝利”がほしい。

[SAISON CARD CUP] U-24日本代表 – U-24アルゼンチン代表 /2021年3月26日19:00/東京スタジアム

 U-24日本代表が3月26日、東京スタジアム(味の素スタジアム)でU-24アルゼンチン代表と対戦する。中2日で29日には北九州スタジアム(ミクニワールドスタジアム北九州)でも第2戦を行う。

 金メダルを目指す東京オリンピック本番まで、限られた貴重な実戦の場となる。新型コロナウイルスの感染状況の先行きも見えないなか、久保建英(ヘタフェCF)も「まずこの2試合に集中する」と、今回の南米予選王者との戦いに懸ける。

 東京五輪世代である22歳の冨安健洋(ボローニャFC)のみ日本代表(フル代表)に招集されている。また最前線ではJ1リーグで今季最多6ゴールを決めている横浜F・マリノスの前田大然がケガのため、同じく負傷明けの鹿島アントラーズの上田綺世も招集されていない。

 そうしたなかで、こんな布陣を見てみたい――理想形を考察してみたい。

 このチームは立ち上げから3-4-2-1をメインに取り組んできた。しかし2019年11月のコロンビア代表戦ではほとんど機能せず0-2の完敗を喫している。

 所属先では4バックでプレーする選手がほとんど。4-2-3-1をメイン布陣とする日本代表でプレー経験のある選手も多い。選手の「個」の能力を最大限に生かすのであれば、やはり4-2-3-1や4-4-2など、比較的短い時間でも意思を共有し合えるシステムになるか。

 4-2-3-1であれば、2列目には久保、三笘薫(川崎フロンターレ)を両サイドに。さらにトップ下も加えられる。そこに三好康児(ロイヤル・アントワープFC)、渡辺皓太(横浜F・マリノス)らも配備できる。日本代表と遜色ないタレントが揃う――。

 アルゼンチンの強力なウイングに対抗するためには、板倉滉(FCフローニンゲン)の左サイドバック起用もありか。あるいは相手の機先を制すように、勢いに乗る旗手怜央(川崎)の抜擢も面白そうだ。

 4-2-3-1で手応えを得られれば、むしろ田中碧(川崎)をアンカーに置く4-3-3をバリエーションに加えられるなど、チームの引き出しも増やせそうだ。4-2-3-1で意思統一を図り、そのなかで個性を爆発させる――。そんな戦いを期待したい。

注目記事:日本人選手の市場価格トップ10。久保建英3位に。”初”の1位は23億4000万円あの選手!

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads