魅惑のタレント対決。浦和Lが安藤梢の一撃でINACに勝利!川澄奈穂美が復帰、鮫島彩対猶本光の対決も

浦和Lが安藤梢(10番)のゴールでINACに勝利! 写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

スタンボー華はファインセーブでチームを救ったが…。アウェー浦和、首位キープ。

[なでしこリーグ 6節] INAC 0-1 神戸/2020年8月23日/ノエビアスタジアム神戸

 首位の浦和レッズレディースと勝点1差で追う3位INAC神戸レオネッサの一戦は、浦和が安藤梢のゴールで勝利を収め、アウェーで貴重な勝点3を手に入れた。

 前半は互いに長所を消し合う展開に。INACの田中美南はDFラインの裏を狙う動きを見せるものの、対策を練ってきた浦和のオフサイドトラップなどに阻まれる。一方、浦和は得意のサイドアタックから菅澤優衣香が強烈なシュートを放ったが、GKスタンボー華のファインセーブに止められてしまう。

 両チームともにスコアレスのまま後半に突入する。ただ浦和の森栄次監督は「前半0-0で折り返せれば勝機がある」と、勝機を感じ取っていた。

 それでも後半、INACが徐々にリズムを作る。51分、髙瀬愛実との連係から岩渕真奈が右サイドを打開し、GKとDFの間にラストパス。そこに後半から交代出場した京川舞が飛び込むものの、ボールに触れられない。さらに鮫島彩がキックを放ったが、惜しくも外れてしまう。

 2分後、阪口萌乃の攻撃参加から岩渕がシュートを放つ。今度は浦和のCB南萌華と長船加奈に対応されて、決め切れない。それでもホームチームはそれぞれが持ち味を発揮していった。

 そこで浦和ベンチが動く。

 残り30分、猶本光に代えて安藤梢を投入。この森采配がハマった。

 64分、相手ミスから奪ったボールを高橋はなが縦につなぐ。走り込んだ安藤が落ち着いてGKのタイミングを外してゴールネットを揺らす! ついに浦和が待望の先制点を奪ってみせた。

 反撃に出るINACは69分、4年ぶりに古巣に復帰した川澄奈穂美がピッチに立つ。さらに増矢理花、中島依美と攻撃に厚みを加える。しかし……1点が最後まで遠かった。

 浦和の長船は「相手のFWの特長をしっかり整理して臨んだ。90分を通して自分たちのやりたいことができました」と語った。守備面でも集中を切らさず無失点で浦和が勝点3を獲得。しっかりと首位をキープした。

マッチアップを展開する鮫島彩(左)と猶本光(右)。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA
4年ぶりに古巣に復帰したINACの川澄奈穂美。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA
INAC岩渕真奈(中央)のシュートをブロックする浦和Lの南萌華(左)。右は長船加奈。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA
INACのGKスタンボー華。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA
悔しさを隠せない増矢理花。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

注目記事:【なでしこ】ノジマステラ初勝利!相手より一歩先へ、南野「疲労はあったけれど走れた」

[取材・文・写真:早草紀子]

Posted by 早草紀子

Ads

Ads