中島翔哉がポルトの練習復帰!真剣な眼差し、元気な姿を披露

海外日本人

中島翔哉FCポルト

サカノワスタッフ

FCポルトの練習に復帰した中島翔哉(2020年8月31日)。※FCポルトの公式ツイッター(@FCPorto)より

トレーニング施設での非公開練習に。

 FCポルトの日本代表MF中島翔哉が8月31日、チーム練習に復帰した。この日は非公開だったが、クラブがトレーニングの様子を伝える写真をクラブの公式サイトとSNSのツイッター(@FCPorto)などで紹介。中島が真剣な表情で取り組む2枚の写真も公開された。

 カタール1部のアル・デュハイルSCから完全移籍、ポルトの背番号10を託された中島は1年目の2019-20シーズン、出場機会を徐々に掴み、ポルトガル1部リーグ16試合・1アシスト、ポルトガルカップ4試合・1得点、ヨーロッパリーグ(EL)4試合・0得点、欧州UEFAチャンピオンズリーグ(CL)予選1試合出場を記録。

 しかし新型コロナウイルスによる中断期間を経てチームが活動を再開させたあと、地元の報道によると、すでに日本人スタッフが全員帰国するなか、中島は一人で体調を崩した家族の看病をしなければいけなかったという。加えて、家族は喘息を患ったということで新型コロナウイルス感染の可能性も否定できないため、全体練習には合流できなかったそうだ。

 するとリーグ再開後、セルジオ・コンセイソン監督のもと、ポルトは勢いを取り戻して首位を快走。中島は個別メニューを行うためトレーニング施設に戻ったが、連戦中もメンバー入りすることはなかった。

 しかもポルトは国内リーグとポルトガルカップの2冠を達成したが、優勝セレモニーには一切姿を見せなかった。

 中島は最近のスター選手では珍しく、一切SNSを活用していない。そのため、その動静がまったく伝わってこず、仲介人を通した地元メディアの情報のみが伝えられ、事実は分からず、謎が謎を呼んできた。

 短いオフを挟んでポルトは8月24日に新シーズンに向けて始動。そこにも中島の姿はなく、移籍に向けた準備が進められているのではないかとも噂されてきた。一方、ポルトのピント・ダ・コスタ社長は『オ・ジョゴ』のインタビューで中島について、「ポルトは彼を見放しません。来シーズンの初めには、彼は復帰できるはず。私たちが信じている選手であり、新シーズンはチームに加わるだろう」と語っていた。

 今回公開された2枚の写真では、中島はしっかり絞られた体をキープしている印象を受ける。真剣な眼差しで臨み、ビブスをつけての実戦トレーニングにもさっそく参加している。

 公式戦のピッチに立つためには、まだ様々な課題がありそうだ。ただ3月の公式戦を最後に約6か月間の「空白の期間」を経て、日本代表でも10番をつけるファンタジスタが、ようやく復活への一歩を踏み出した。

注目記事:「宏樹はリークしなかった」長友佑都が明かすマルセイユ加入決定の舞台裏。大学時代に“運命的”ミドル弾

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads