開幕直前に一撃!リバプール南野拓実、地元紙の評価は?フィルミーノと好連係!!

南野拓実。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

「チームの中で一番良いパフォーマンスを見せた」

 [練習試合] リバプール 7-2 ブラックプール/2020年9月5日/アンフィールド

 イギリスメディアの『リバプールエコー』はこのほど、ブラックプールFC戦に出場したリバプールFCの開幕前総点検と言える全選手の寸評を公開し、4-2-3-1のトップ下でフル出場し、1ゴール・1アシストの活躍を見せた日本代表FW南野拓実について、「チームの中で一番良いパフォーマンスを見せた」と高く評価した。

 リバプールはこの試合4-2-3-1の布陣で、センターフォワードにロベルト・フィルミーノを配置。2列目の左からサディオ・マネ、南野、モハメド・サラーを配置する攻撃重視のメンバーを採用した。

 リバプールは一時2点ビハインドを背負う展開になったものの、42分にコーナーキックからジョエル・マティップのヘディングで1点を返すと、50分にはマネのゴールで追い付く。

 4分後の54分、ペナルティエリア内でボールを受けた南野がワントラップからシュートを選択。これがゴール前にいたフィルミーノへのパスになり、ブラジル代表FWが冷静に右足で背中を通して押し込み逆転した。

 さらに4-2で迎えた72分、ペナルティエリア内に侵入したフィルミーノが左サイドにいた南野へラストパス。そこでレッズの18番は一人を交わし、相手ゴールキーパーの逆を突く形でゴール左隅にシュートを突き刺した。その後もリバプールは追加点を重ね、最終的に7-2の勝利を収めた。

 南野の傑出のパフォーマンスに、同メディアは「チームの中で一番良いパフォーマンス」と評価した。

 寸評は次の通り。

「ミナミノはチームの中で一番良いパフォーマンスを見せた。トップ下のポジションで、多くの人の目を引いた。前半に放ったミドルシュートはもう少し改善が欲しいところだ。しかしライン際でクリアされてしまったシュートは良かったし、3点目のフィルミーノの冷静なフィニッシュも演出した」

 南野と同じく1ゴール1アシストの活躍を見せたフィルミーノについても、「前線の選手の中で最も活き活きしていた」と高く評価されていた。

 リバプールの開幕戦は9月12日(日本時間13日1:30)、ホームで昇格組のリーズ・ユナイテッドと対戦する。十分なアピールを見せた南野が、1週間後の開幕スタメンの座を掴むことが果たしてできるか――。

注目記事:リバプール南野拓実、開幕スタメン現実味。再びゴール、フィルミーノとフル出場。クロップ監督の評価は?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads