ポルト中島翔哉が練習試合を欠場。気になる理由は!?

中島翔哉。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

オリヴェイレンセと20分3本、出場可能な選手は全員ピッチに立つ。

 ポルトガル1部リーグのFCポルトは9月5日、同2部リーグのUDオリヴェイレンセとポルトの練習施設でトレーニングマッチ(20分×3本)を行い、0-1で敗れた。

 ポルトのセルジオ・コンセイソン監督はこの日起用可能なすべての選手をピッチに立たせた。ポルトガル代表のペペ、セルジオ・オリヴェイラ、ダニーロ、さらにU-21欧州選手権に参戦中のU-21ポルトガル代表の複数の選手も不在に。

 そして中島翔哉は久々の実戦復帰か……と期待されたが、前日のトレーニングから「筋肉疲労」でメディカルチームとともに回復にあたったため、この試合は欠場した。今回はメディカルチームからも説明があり、決して“謎”の理由ではなかったようだ。

 チームは6日のオフを挟んで、7日から練習を再開させる。昨季リーグ覇者でありカップ戦との2冠を達成したポルトは9月19日(20日5:00)、ホームでのSCブラガ戦で開幕を迎える。

 また、セルジオ・コンセイソン監督はこのほど、『オ・ジョゴ』のインタビューで中島が昨季の新型コロナウイルスによる中断明けに不在が続いたことについて言及。次のように、今回の復帰後への期待を寄せた。

「中島は誰もが持ち得ることができないような存在感を備えています。コミットメント(忠誠)とともにフィールドの中で仕事をすべきです。中島がペペや(シャンセル)ムベンバと同じような仕事をする必要はありません。彼がチーム内で仕事をして、技術的なクオリティを提供してくれれば、とても良いことです」

「それができなければ、普段プレーしている選手のレベルを下げてしまうことに成りかねません。規律を守ることが勝利につながります。チャンピオンになるには、規律を守ることが必要です。その原則を前提とした選手が最も重要です」

 まずは開幕前のトレーニングマッチの段階で、中島がポルトの「10番」をつけて戦う姿を、ぜひ見せてもらいたい。

注目記事:ポルト監督が“中島翔哉問題”の真相激白「ナカジマは技術的にそそられるがサッカーは…」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads