×

ビジャレアルEL1位突破。久保建英は右WGで先発、最初のカードで交代した背景とは?

ELのシバス戦、ビジャレアルの久保建英は見せ場を作れず途中交代に。※UEFA.TVより

チュクウェゼのゴールで、シバスに1-0。

[EL GS5節] シバス 0-1 ビジャレアル/2020年12月3日(日本時間4日2:55)/ニュー・シバス

 ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ(GS)5節、スペイン1部ビジャレアルCFがトルコ1部シバス・シュポルに1-0の勝利を収めて、1試合を残してグループ1位突破を決めた。日本代表の久保建英はGS5試合連続での先発出場を果たし、今回右ウイングで起用された。しかし流れの中から見せ場を作れず、58分に最初の交代カードでピッチをあとにした。

 ビジャレアルは4-3-3(4-1-2-3)の布陣を採用。久保は前線の「3」の右ウイングに入った。

 19歳のレフティはコーナーキックから決定機を作り出すなど、キック精度や技術の高さを示す。しかしビジャレアル攻撃陣に対しマンマークで守る相手に、流れの中で、なかなか見せ場を作れない。

 前回対戦では、前線の選手が流動的にポジションチェンジすることで、トップ下に起用された久保がフリーになって生きた。しかし、今回、マーカーを嫌う久保はボールを受けようと、中盤の深い位置まで下がってくる。すると自然と前線の他の選手たちとの距離が空き、相手ゴールからも遠ざかってしまう。

 その悪循環が続いて、打開策を見いだせない。前半終了間際には足を踏まれるアクシデントもあった。

 その影響からか後半は精彩を欠く。インサイドに位置を取ったり、左ウイングで起用されたナイジェリア代表チュクウェゼが流動的に動いたりと変化をつけるものの、攻撃の再現性が生まれない。

 すると58分、ウナイ・エメリ監督は早くもカードを切り、久保から18歳の期待の若手ピノへの交代を告げた。

 ビジャレアルはさらに中心選手であるマヌ・トリゲロス、ダニエル・パレホを投入。そして75分、彼らを経由して、最後は途中から右ウイングに入ったチュクウェゼが先制! これが決勝点となった。

 ビジャレアルは4勝1分と無敗で、いち早くグループ1位での決勝トーナメント(ラウンド32)進出を決めた。

 ウナイ・エメリ監督はこのGSを「テストの場」と位置づけ、久保をトップ下、左MF、左ウイング、右ウイングとあらゆるポジションでプレーさせてきた。

 しかし、普段チームとしてプレーしていないメンバーが集まり試合に臨んでいることもあるが、結果的に、初戦のホームでのシバス戦で1得点・2アシストと活躍したものの、グループステージ終盤はストロングポイントを見せつける機会が減ってしまった。

 それでも久保はこれまで公式戦全試合に起用されていて、指揮官からの期待も感じられる。目に見える「結果=ゴール」がそろそろほしいところだ。

 国内リーグに戻るビジャレアルは12月6日、エルチェCFと対戦する。

注目記事:久保建英にレアル・マドリード復帰待望論。チャンス?時期尚早!? 

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads