【高校選手権】山梨学院が青森山田と激闘、PK戦を制して11大会ぶり2度目の全国制覇

全国高校サッカー選手権、優勝した山梨学院高校のイレブン(写真は準決勝より)。写真提供:オフィシャルサポート

山梨学院は広澤灯喜、野田武瑠、青森山田は藤原優大、安斎颯馬がゴール。2-2で110分間譲らず。

[高校選手権 決勝] 山梨学院 2(4PK2)2 青森山田/2020年1月11日/埼玉スタジアム ※45分ハーフ

 全国高校サッカー選手権決勝、山梨学院対青森山田は2-2で延長戦まで110分間の死闘を演じ、山梨学院がPK戦を4-2で制して、11大会ぶり二度目の優勝を果たした。

 立ち上がりは互いに球際で強さと激しさを発揮して譲らない。白熱のバトルが繰り広げられるなか、開始12分、カウンターから広澤灯喜がDFふたりの間を抜けるファインシュートを突き刺して、山梨学院に先制点をもたらす。

 その後、青森山田がボールポゼッションで大きく上回るが、ゴール前をしっかり固める山梨学院の堅守を崩せない。

 1-1で折り返した後半、青森山田は右サイドから徹底して効果的に崩していく。そして藤森颯太を投入し、さらにアタックに厚みをもたらす。

 迎えた後半12分、内田陽介のロングスローから、来季の浦和レッズ加入が内定しているDF藤原優大が混戦から押し込み同点に! さらに18分、右サイドのクロスに、飛び込んだ安斎颯馬が合わせて、ついに2-1と逆転に成功する。

 そこからは青森山田が試合をコントロールしながら、山梨学院の鋭利なアタックに対応していく。

 ただ山梨学院は一瞬の隙を見逃さなかった。

 選手交代を繰り返すなか、後半33分、10番をつける野田武瑠がこぼれ球をしっかり押し込み、ワンチャンスを逃さず、再び2-2と同点としてみせる。

 その後、青森山田が再び攻め、藤原のジャンプヘッドがゴールポストを叩き、仙石大弥のフリーでの決定的なシュートは枠を捉え切れない。 

 試合は6大会ぶりとなる前後半10分間の延長戦に突入。ここでは山梨学院がビッグチャンスを作り出し、途中出場の茂木秀人イファインがゴール前でフリーのチャンスを迎えたが決め切れない。

 110分間戦っても互いに譲らず、決着はPK戦に委ねられる。そこで山梨学院のGK熊倉匠が立ちはだかり、青森山田は2本失敗。一方、山梨学院は4人全員が成功して、11年ぶり二度目の優勝を果たした。

注目記事:【高校選手権】藤原優大が浦和の先輩武田英寿から「頑張れ」とエール。日本一へ「たくさんの人のために戦う」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads