【選手採点&レポート│札幌 3-0 名古屋】一撃必殺の進藤、ジョー完封キム・ミンテに最高点「5」。 名古屋3連敗…

[マン・オブ・ザ・マッチ]キム・ミンテ(札幌)

快勝の札幌は全員及第点超え、6人が「4」以上。

[J1 6札幌 3-0 名古屋 /201847日/札幌ドーム

 MATCH REPORT高い守備ラインをキープし、パスを繋いでゴール前へと迫る名古屋だったが、キム・ミンテを中心とした札幌の最終局面を崩せず。一方、札幌は26分にCKから進藤がヘディングシュートを決めて先制。69分には都倉のバイシクルキックが決まり名古屋を突き放し、73分にもオウンゴールで加点。効果的に得点を重ねて3-0で、ホームで快勝を収めた。

□コンサドーレ札幌
【選手採点】
GK
25 
ク・ソンユン 3
DF
35 
進藤亮佑 5
20 
キム・ミンテ 5 [MOM]
福森晃斗 3
MF
14 
駒井善成 4
27 
荒野拓馬 3(87分▼)
10 宮澤祐樹  
38 菅 大輝  3 
41 三好康児   (66分▼)
18 チャナティップ 3
FW
都倉賢 4(84分▼)

交代出場
FW
48 
ジェイ 4(66分△)
MF
26 
早坂良太 ―(84分△)
MF
兵藤慎剛 ―(87分△)

【採点理由】
名古屋のパスサッカーを固い守備で退けた。ドリブルを武器に右サイドから攻撃を組み立てた駒井に、アグレッシブな動きで前線を活性化させた三好を「4」とした。先制点を挙げた進藤、途中出場ながら2点目をアシストしたジェイも高評価。名古屋の得点源ジョーを完封し、前線への正確なフィードも光ったキム・ミンテをMOMに選出した。

 □名古屋グランパス
【選手採点】
GK
22
ランゲラック 2
DF
14 秋山陽介 3(72分▼)
櫛引一紀 2
41 
菅原由勢 3
宮原和也 3
MF
ワシントン 3
長谷川アーリアジャスール 2(66分▼)
小林裕紀 3
23 青木亮太 3(87分▼)
29 和泉竜司 3
FW
ジョー 2

交代出場
FW
28 
玉田圭司 3(66分△)
FW
11 
佐藤寿人 3(72分△)
MF
児玉駿斗 ―(87分△)

【採点理由】ガブリエル・シャビエルが不在のなか、ボールキープできても前線の決定打を欠いた。強いフィジカルで攻守に奮闘した秋山、対人プレーに力を発揮してカバーリングも冴えた菅原は低調だったチームの中で存在感を発揮した。ただ引かれた相手への打開策に乏しく迫力を欠き、3連敗で15位まで転落した。

【採点基準】サカノワの選手採点は、より分かりやすく通信簿のような5段階評価を採用。評価基準は、5=とても良い、4=良い、3=及第点、2=本来の力を発揮できず、1=大きく期待外れ……。試合結果を重視して、評価にも反映しようと思います。先発メンバーと途中出場の20分以上の出場選手が対象。いつか(もしかするとすぐ!?)、「オール5」達成だ!

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads