イニエスタ今季ラスト2試合。あのテーマパークで充電完了!

23節の湘南戦、リーグ初ゴールを決めた郷家友太(27番)をイニエスタ(8番)が出迎える。(C)SAKANOWA

明日の清水戦はチケット完売。ポドルスキとの2シャドーで先発か?

[J1 33節] 清水 – 神戸/2018年11月24日/IAIスタジアム日本平

 ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタが今シーズン最後の2試合に臨む。24日のアウェーでの33節・清水エスパルス戦は、清水のホーム最終戦ということもあり、チケットは早々に完売となっている。「サッカー王国」静岡の国内最高級と称されるピッチで、どのような華麗な技を披露してくれるのか楽しみだ。

 フアン・マヌエル・リージョ新監督のもと、神戸はスピードとドリブルを武器にする古橋亨梧をセンターフォワードに、その背後にイニエスタ&ルーカス・ポドルスキの2シャドーを置く布陣がハマり出してきた。果たして、この国際Aマッチの中断期間中、どのような準備を進めてきたのか。イニエスタの配置や布陣の変更もあり得るかもしれない。

 局面での対決も注目だ。イニエスタとファン・ソッコやU-21日本代表で急成長を遂げる立田悠悟とのマッチアップが、試合の趨勢を左右しそうである。

 この中断期間中のオフを生かし、イニエスタはユニバーサルスタジオ・ジャパンを訪れていた様子を、自身のSNSのツイッターやインスタグラム(アカウントは@andresiniesta8)で伝えている。充電も完了。2018年あと2試合、最高のパフォーマンスを見せてくれるに違いない。

 12月1日のホームで迎える最終34節のベガルタ仙台戦は、まだチケットが発売中だ。

文:サカノワ編集グループ

Posted by 塚越始

Ads

Ads