スーパー杯、明暗分けた新加入FW。レアンドロ豪快弾、杉本インパクト残せず

川崎のレアンドロ・ダミアン(左)と浦和の杉本健勇(→)。(C)SAKANOWA

川崎が浦和を下して初優勝。レアンドロ・ダミアン「私たちは強いチーム。再びタイトルを獲ります」。

[ゼロックススーパーカップ] 川崎 1-0 浦和/2019年2月16日/埼玉スタジアム2〇〇2

 Jリーグ開幕を告げる「FUJI XEROX SUPER CUP」川崎フロンターレ対浦和レッズは、新加入FWレアンドロ・ダミアンのボレー弾を守り切ったリーグ王者の川崎が勝利を収めた。昨年に続いて同カップに臨んだ川崎が今回、初優勝を果たした。

 ボールポゼッション率で大きく相手を上回る川崎が押し込み、浦和は堅守からのカウンターを狙う展開に。徐々に川崎がゴールへの圧力を強めたなか迎えた52分、ペナルティリア内でレアンドロ・ダミアンが強烈なボレーを突き刺して先制する。

 その後も川崎が試合をコントロールしながら時間を進める。一方、浦和もアンドリュー・ナバウト、柴戸海、マルティノス、山中亮輔と豊富なタレントを投入して打開を試みる。が……川崎のゴールをこじ開けることはできなかった。

 1点差ではあったが、すでにベースが出来上がり、そこに上積みを図る川崎が内容でも圧倒。3バックを採用した浦和は、新たな攻撃の形を見せることができなかった。

 来日初ゴールのレアンドロ・ダミアンは試合後、「すごく嬉しい気持ちでいっぱいです。初のこのタイトルをもたらせて嬉しく思います。皆さんに温かく迎え入れてもらい、ありがとうございます。私たちは強いチーム。必ず再び(リーグなど主要)タイトルを獲りたいと思います」と語った。

 まだ、手探りの感はあったが、この試合のなかで時間が経つごとにコンビネーションを高めていったのは、大きなプラス材料に挙げられる。期待の膨らむ”デビュー戦”になった。

 一方、浦和で公式戦デビューを果たした杉本は興梠慎三との2トップで先発。前線で何度かボールを収めて起点を作ろうとしたものの、ほとんどインパクトを残せず、前半終了の時点で交代した。明暗を分けた新加入FW二人のパフォーマンスの差も、この試合の結果にもつながった。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads