ACLシドニー戦へ川崎の鬼木監督が抱負「どこがチャンスかは言えないが…」

ACLのシドニー戦に向けた前日記者会見で抱負を語った、(左から)川崎の鬼木達監督とチョン・ソンリョン。(C)SAKANOWA

明日ホームで激突。今季公式戦初勝利なるか。

[ACL 2節] 川崎 – シドニー/2019年3月13日19:00/等々力陸上競技場

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)の川崎フロンターレ対シドニーFC前日の公式記者会見が12日に同スタジアムで行われ、川崎の鬼木達監督とチョン・ソンリョンが抱負を語った。

 川崎は今季これまでリーグ戦は3引き分け、ACL初戦はアウェーで上海上港に試合終了間際のPKによる失点により0-1で敗れ、公式戦未勝利のままだ。

 そのなかで明日のシドニー戦のメンバー構成について聞かれた鬼木監督は、「試合に出るのがベストメンバー。そこには相手やコンディションを考えて、勝つための準備をしています。そういうメンバーが出ると思っていただければと思います」と語った。

 シーズン真っただ中のAリーグで、シドニーは現在13勝3分5敗の2位と好成績を収めている。そのシドニーをいかに攻略するのか。指揮官は対策について、次のように語った。

「シドニーFCは前線に良い選手がいるので、そこをしっかり抑えなければいけない。ただ自分たちの攻撃的なスタイルを貫いていけば、どこがチャンスになるとは言いづらいですが……、とにかく突破する術はあると思っています」

 そのように、スカウティングも十分できていることを示唆した。これまで公式戦は勝てずにいる。ただ、指揮官は焦っていない。むしろ焦ることが危険であると強調していた。

「内容が悪くないという話は選手にしています。しかし、やはり勝たなければいけない。ただし慌てず自分たちのサッカーをすることが、一番勝利に近づける。それに尽きると思います」

 改めてそのように川崎のスタイルを貫くことの重要性を強調していた。

 この時期の毎年の課題となる新戦力の融合。そこも指揮官は慌ててはいない。

「新しい選手は試合に出ることで合わせていく、そうすることで馴染んでいくと良いだろうなと感じて見ています。勝つことで自信につながっていきます。結果は出ていないが、選手の中でも自分たちらしいサッカーが徐々に出てきている、新たなオプションもできていると感じています。多少の時間は掛かるかもしれませんが、ポジティブに捉えています」

 また、GKチョン・ソンリョンも「ウチはACLで優勝できる、それに値するチーム。一つひとつ勝っていくことで、前へ進めると思っています」と強い覚悟を示した。

「結果」を残せるかどうかで、これからの流れも変わってきそうだ。川崎がホームの等々力で今季公式戦初勝利を挙げ、勢いに乗ることができるか――。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads