遠藤保仁「助け合いで守備は成り立つ」。G大阪がリーグ初勝利を掴むためのポイントとは?

G大阪の遠藤保仁。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

公式戦の全試合で失点中。「もう少しボールに対して厳しく行くべき」

[J1 6節] G大阪 – 神戸/2018年4月8日15:00 /吹田

  ルヴァンカップではグループステージ3節を終えて2勝1敗で2位を行くガンバ大阪だが、リーグ戦では開幕から1分4敗と勝星がなく最下位に沈む。昨季まで指揮を執ったFC東京率いる長谷川健太監督に3連勝を献上した5節の試合後、遠藤保仁は悔しさを噛み締めつつ”初勝利”を掴むための具体的なポイントを挙げていた。

「前半の2失点は完全にボールが止まった状態と外から(セットプレーとスローイン)だったので、もう少し、ボールに対して厳しく行くべきでした。最初のプレッシャーから厳しくいく必要があるとは感じました」

 遠藤はそのように語り、ボールサイドにただ向かうだけでなく、しっかりボールを奪いに行くことが大切だと強調していた。

「点は取れるようになっていますし、迫力のある攻撃はできてきているので、それは続けていきたいです。2失点も、3失点もしてしまうと、ゲームに勝つことはできないので、直すべきところは直して。全ての面でもう少しクオリティを上げていかなければ」

 不用意な失点。ただし、それは事故ではなく不注意から起きている。だからこそお互いのフォローが大切だと強調していた。遠藤は言う。

「単純に言えば、失点を減らせば勝てる。完璧に崩されてやられたわけではない失点は、減らせていけると思います。攻撃の質を落とさず、全員が守備への意識を高めるべき。お互いの助け合いで守備は成り立ちます。細かい修正だったり、細かいポジショニングだったり、それが必要。少しずつコミュニケーションは取れてきていますし、その細かい修正をしていきたいです」

 今季これまでのG大阪はルヴァンカップを含めた公式戦、全試合で失点を喫している。8日はホームでリーグ6節の神戸戦を迎える。遠藤が語る「助け合い」の守備で、無失点、そして初勝利を掴めるか――。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Posted by 塚越始

Ads

Ads