横浜F・マリノス初出場の久保建英が打ち明けた「ミス」と「感謝」

仙台戦で突破を試みる横浜FMの久保建英。(C)SAKANOWA

 前後半で見せた”別の顔”。

[天皇杯 4回戦] 横浜FM 2-3 仙台/2018年8月22日/ニッパツ三ツ沢球技場

 FC東京から横浜F・マリノスに期限付き移籍したMF久保建英(17歳)が、天皇杯のベガルタ仙台戦で新天地での公式戦デビューを果たし、フル出場した。

 CKのセカンドボールを再びセンターに上げて同点ゴールをアシスト。東京ヴェルディから加入した畠中槙之輔の横浜FMでのファーストゴールをおぜん立てした。

「仲川選手からのパスがそこまで早くなかったので考える時間ができて、あまり見えなかったけれども、前に二人ぐらいフリーの選手がいたので、『合ったらいいな』と思って蹴りました」

 感覚で決まった一撃。それでも試合に敗れたこともあり、反省も忘れてはいなかった。

前半はあまり上手くいかない場面もあり、2、3回イージーミスもありました。ただ後半、みんなが助けてくれました。そういうところは改善していけたらと思います。最初のチャンスで勝ちに貢献できなかったことがとても悔しいですけど、前を向いて次のチャンスを待ちたいです」

 公式戦はリーグ2試合、そして今回の天皇杯と3連敗中。中3で臨むアウェーでのヴィッセル神戸戦、久保がメンバー入りしてきそうだ。相手にはFCバルセロナの”大先輩”アンドレス・イニエスタがいる。

 本人が言うように仙台戦、前半はアシストがあったもののサッパリの内容だったが、後半は気持ちと技術と連係が随所で噛み合い見せ場を作った。その延長戦上で、今度は納得のアシストやゴールに絡みたい。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads