「優勝トロフィーを掲げるのは?」日本対カタール最新オッズは…

日本代表の大迫勇也。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

2月1日のアジアカップ決勝。90分間決着では、日本勝利「2倍」、カタール勝利「3.8倍」、延長突入「3倍」。

[アジアカップ 決勝] 日本 – カタール/2019年2月1日18時(日本時間23時)/シェイク・ザイード・スタジアム

 アジアの頂点は、果たしてどちらに――。UAEアジアカップ決勝、日本代表対カタール代表が2月1日に行われる。日本は2大会ぶり5度目の制覇、カタールは初優勝を懸けた戦いになる。

 さまざまなタイプの賭けが可能なイギリス王手W社のオッズをチェックしてみた。1月30日午後8時現在、「90分間の結果予想」は、日本勝利「2倍」、カタール勝利「3.8倍」、延長突入(引き分け)「3倍」となっていた。

 単純に優勝チームを予想する「トロフィーを掲げるのは」という予想では、日本が「1.4倍」、カタールが「2.6倍」。「日本がきっと勝つだろう。ただカタールもチャンスは十分ある」と言える倍率になっている。

 さらに細かく「90分間のスコア予想」のオッズは、「日本1-0」が「5倍」で最も人気があった。

 続いて「0-0」「1-1」という延長突入の予想が「5.8倍」。続いて、「日本2-0」「カタール1-0」の「8倍」。やはり拮抗した展開が予想されている。

 ちなみ「PK戦勝利」は、日本、カタールともに「8.5倍」で同率だ。そこまで勝負がもつれれば、どちらが勝ってもおかしくないということだ。

 ただし「PK戦までもつれる」のオッズは、「はい 4.33倍」「いいえ 1.2倍」。それまでには決着がついているはずだ、という予想が一般的なようだが、果たして!?

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads