温厚な大分の片野坂監督が判定に猛抗議!「見苦しい姿を見せてしまったが…」

大分の片野坂知宏監督。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

謝罪した一方、イエローカードが妥当だったのでは?と疑問を投げ掛ける。

[J1 9節] C大阪 0-0 大分/2019年4月27日/ヤンマースタジアム

 スコアレスのまま迎えた52分だった。大分トリニータがセレッソ大阪のスローインを自陣でカットする。ボールを奪った大分の小塚和季が、駆け出した藤本憲明にフィードを放つ。するとボールを追ったC大阪の奥埜博亮と藤本が交錯。飯田淳平主審は奥埜のファウルをとった。

 藤本が抜け出していれば、他にC大阪の選手がいなかったので決定機になった可能性も高かった。しかも大分のエースは倒れ込んで、しばらく立ち上がることができなかった。

 大分のチャンスが潰え、危険なプレーでもあった。だが飯田主審はカードを出さず。すると片野坂監督は大きな声を挙げて、その判定に異議を唱えた。

 その声が耳に入った飯田主審は、ピッチ前まで来ていた片野坂監督にベンチに戻るように指示。冷静さを取り戻した片野坂監督はそれに従った。

 結局、そのフリーキックのチャンスもモノにできず。試合はスコアレスドローに終わった。

 両チームともに”チャンスになる手前”でプレーが潰えるもどかしい展開が続き、何とも消化不良の内容に終わった。

 試合後、片野坂監督はフラッシュインタビューで、このシーンについて、次のように振り返った。

「すいません。見苦しい姿だったかもしれません。けれど、自分の中では、あれはイエローカード……と言いますか、そういうのに値するファウルだったのではないかなと思ったので、少しレフェリーのほうに話をしてしまいました」

 そのように感情を露にしたことを謝罪した一方で、判定には疑問を持ったことを明かした。

 C大阪とは今季、あと2試合は対戦が残っている。

「(この勝点1を)次につなげいたいですし、ルヴァンカップのグルーステージでの対戦もありますし、リーグ戦では我々のホームでの試合があります。その時に勝点3を取れるように準備したいです」

 C大阪のロティーナ監督はミラーゲームを採用し、マッチアップとパワーで大分を上回ろうとしてきた。だが、大分はその戦術に屈すことなく耐え抜いた。が、勝つことはできなかった。大分にとってはJ1で戦っていくうえで、一つの指標ともなる対戦相手となっていきそうだ。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads