本田圭佑『1万円企画』、当選者1人決定。今後も「様々な領域で続ける」

本田圭佑。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

本当は1000人ぐらいに教えたかった。

 オーストラリアAリーグのメルボルン・ビクトリーを今季限りで退団した元日本代表の本田圭佑が、「自分が1万円を支払ってサッカーを教える」企画で、多くの応募者の中から一人のみを選んだと発表した。

 本田が5月29日、自身のツイッター( アカウントは @kskgroup2017 )で、「僕が10000円払うので、僕にサッカーを教わりたい人っていますか?ただ条件があって本気でワールドカップを優勝したいという人に限り、そして僕が教えたい人を好きに選びます!僕がお金を払って教えます!」と告知。すると瞬く間に国内外のサッカー少年から日本代表の長友佑都や槙野智章、さらにはサッカー以外のアスリートまで、多くの人が名乗りを挙げた。

 1万人以上がコメント欄に投稿、7万人以上がリツイートするなか、6月3日、本田が次のように当選者が決まったことを伝えた。

「10000円を払って教える人を選ばせてもらいました。僕の都合の関係もあって選んだのは1人だけです。本当は1000人くらいは教えたい人がいたんですが。。。6月中に実施します。 そしてこの教える企画、様々ば領域で続けるんで楽しみにしといてください」

 そのように、本田自身が選考した結果、「一人」に絞ったという。さらにこの企画を今後も継続していくことも宣言している。

 ちなみに長友( @YutoNagatomo5 )は「連絡待ってるわ!」と本田に伝えているが、果たして? 本田とともに”本気でW杯優勝”を目指す、選ばれし同志とは、いったいどのような人物なのか。その熱い想いは、まだまだ伝播していきそうだ。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads