【なでしこ】杉田妃和がスペイン戦でフル出場「W杯へいいスタートが切れた」

スペイン女子代表戦でフル出場した杉田妃和。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

ボランチのキーパーソンに。

[国際親善試合]日本 1-1 スペイン/2019年6月2日/ル・トゥケ/フランス

 フランス女子ワールドカップ(W杯)1週間前に控えなでしこジャパン(日本女子代表)が6月2日、現地フランスでスペイン女子代表との親善試合で1-1に追いついた。

 その試合に出場したフィールドプレーヤーのうちフル出場したのが、ボランチの杉田妃和(INAC神戸レオネッサ)と市瀬菜々(マイナビベガルタ仙台レディース)の二人だった。なでしこのボランチは、これまでなかなか固定できずにいた。今回、最後に”チャンス”が与えられ、試された形だ。高倉麻子監督の目に、その活躍ぶりはどのように映ったか。2016年のU-20女子ワールドカップで最優秀選手賞を受賞、22歳になったタレントが日本の上位進出のためには貴重なキーパーソンとなりそうだ。

 杉田は試合後、JFA公式ホームページで次のように試合を振り返っている。

「勝てはしませんでしたが、1-1に追いついて引き分けで終わって、途中流れが悪い時間もありましたが、チームで立て直すことはできたのかなと思います。

 正確性というところで、もう少し確率を高めたいですし、もう少しボールに関わらないといけないと思っています。今日の試合はワールドカップ前最後の調整のということで、大会に向けていいスタートが切れたのかなと思います」

 そのように前向きに結果を受け止める。杉田のブレイクへ、期待が懸かる。

 日本は6月10日、W杯グループステージ初戦でアルゼンチン女子代表と対戦する。

 スペイン戦に臨んだ日本女子代表メンバーとフランス女子W杯グループステージの日程、対戦チームのFIFAランキングは次の通り。

▽日本女子代表
GK
1 山下杏也加
DF
17 清水梨紗
(76分→22 三宅史織)
2 熊谷紗希 (Cap.)
(60分 →16 三浦成美)
4 南 萌華
23 鮫島 彩
MF
3 市瀬菜々
5 杉田妃和
6 中島依美
(90分→19 宇津木瑠美) 
11 長谷川唯
(90分→15 宮川麻都)
14 籾木結花
(76分→13 遠藤 純) 
FW
20 横山久美
(60分→ 9 菅澤優衣香) 

▽フランス女子W杯GSの日程 ※現地(日本時間) 
6月10日(11日1時)アルゼンチン代表/37位(Parc des Princes)
6月14日(14日22時) スコットランド代表/20位(Roazhon Park)
6月19日 (20日4時)イングランド代表/3位(Stade de Nice)

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads