シント=トロイデン日本人選手の「IN&OUT」を整理。冨安ボローニャ移籍決定!

シント=トロインデンでプレーする冨安健洋。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

現時点で所属しているのは遠藤航のみ。シュミットは渡欧後に正式契約へ、さらに…。

 サッカーベルギー1部リーグのシント=トロイデンVV(STVV)は7月10日、冨安健洋のセリエAボローニャFCへの完全移籍が決定したと発表した。

 冨安は1998年11月5日生まれ、187センチ84キロ。福岡県出身。アビスパ福岡U-15―アビスパ福岡U-18―アビスパ福岡―シント=トロイデンVV。日本代表15試合1得点。

 冨安はシント=トロインデン広報部を通じて次のようにコメントしている。

「シント=トロイデンVVサポーターの皆さん、冨安健洋です。 1年半、応援ありがとうございました。 この1年半は僕にとって大きな転機になりましたし、シント=トロイデンVVでプレーすることができて幸せでした。

 次のチームに行ってもシント=トロイデンVVで過ごした日々を忘れることはないでしょうし、シント=トロイデンVVでの日々を誇りに思ってプレーしていきたいと思っています。

 シント=トロイデンVVの成功を願っていますし、僕自身も次のチームで成功を収められるよう頑張るので応援よろしくお願いします」

 では改めて、シント=トロイデンでプレーする日本人選手の状況について整理したい。

 現在、シント=トロイデンに所属する日本人選手は遠藤航のみ。

 シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)は、13日の鹿島アントラーズ戦後に渡欧。メディカルチェックを経て移籍が有効になる。 

 このほか、鎌田大地は期限付き移籍終了で、アイントラハト・フランクフルトに復帰。 関根貴大も同じく期限付き移籍終了でFCインゴルシュタット04に復帰し、その後、浦和レッズに完全移籍。木下康介は契約満了となっている。 

 また鹿島アントラーズの鈴木優磨にオファーを出していた(7月15日に加入内定)。

【関連記事】

・今季初ゴールの鈴木優磨が原点回帰を強調。「全員で闘うところを見直さなければ」

・【湘南】RIZAPが報道否定。出向社員「パワハラの事実ない。曺監督に感謝している」

[サカノワ編集グループ]

Ads

Ads