ジダン監督欠席、レアル久保建英らヴィニシウスの誕生日祝福

久保建英。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

ダビド・ベットーニコーチが陣頭指揮。

 スペイン1部リーグのレアル・マドリードはカナダ・モントリオールでのキャンプ4日目となる7月12日、個人的な理由によりジネディーヌ・ジダン監督が”欠席”するなかでトレーニングが行われた。

 クラブ公式ホームーページによると、ジダン監督が不在の間は、ダビド・ベットーニコーチが陣頭指揮を執るそうだ。

 この日も2部練習が組まれて、まず午前は、この日19歳の誕生日を迎えたヴィニシウス・ジュニオールを、久保建英を含めたみんなで祝福したあと、トレーニングを行ったという。そのあとは、限られたスペースでのポゼッション&プレッシングをかけるパスゲーム、さらに紅白戦、ランニングを実施したそうだ。

 そして午後は、フィジカルトレーニングに取り組んだあと、再びボールを使ったメニューを行ったそうだ。

 なお、ルカ・モドリッチは屋内で別メニューで調整しているそうだ。

 キャンプ地で誕生日を迎えたヴィニシウスはクラブ公式ホームページで、「世界最高峰の選手たちと一緒に19歳の誕生日を迎えられて、これ以上素晴らしいことはない。チームメイトがホテルや練習前のグラウンドで祝ってくれた。彼らと一緒にここにいられてとても幸せさ」「しっかりここで良い準備をすることが最高のシーズンにつながる」と語っている。

 FC東京を経て完全移籍でレアル・マドリードに加入した18歳の久保建英は、ジダン監督の要望もあり、カスティージャ(Bチーム)からの選抜4人の一人として、今回の遠征に帯同している。

 チームはモントリオールキャンプのあと、アメリカでの「インターナショナル・チャンピオンズ・カップ」に参戦。レアル・マドリードは21日日本時間9時からバイエルン・ミュンヘン、同24日18時からアーセナルFC、同27日8時30分からアトレティコ・マドリードと対戦する。

関連記事:レアル久保建英が実戦形式初アシスト!ベンゼマに好パスを放つ

[サカノワ編集グループ]

Ads

Ads