【W杯2次予選 全日程&組分け】日本代表は恵まれ中東勢と同居せず。韓国と北朝鮮が同組に

エルサルバドル戦に臨んだ日本代表の先発メンバー。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

キルギス、タジキスタン、ミャンマー…同居した全チームに負けなし。

 2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選(2023年の中国アジアカップ予選も兼ねる)の組み合わせ抽選会が7月17日に行われ、日本はキルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴルと同組に決まった。

 6月14日発表のFIFAランキングでは、日本が最高の28位。続いてキルギスが95位、タジキスタンが120位、ミャンマーが138位、モンゴルが187位。

 日本の入った第1ポッドは他に、イラン (20位) 、韓国 (37位)、 オーストラリア (43位)、 カタール (55位)、 アラブ首長国連邦 (67位)、 サウジアラビア (69位)、 中国 (73位)。22年W杯ホスト国のカタールだが、今回アジアカップ予選も兼ねているため、大会には臨む。

 第2ポッドの上位国であるイラク (77位) 、シリア (85位)、 オマーン (86位)、 レバノン (86位)などの中東勢、さらに苦手とするウズベキスタン (82位)との対戦を避けられた。アウェーでの対戦経験がない国が多い点が多少心配されるが、ランキング的には比較的くみしやすい相手と同じグループに入ったと言える。

 ◇対戦スケジュール◇
2019年
9月5日(木)※キリンチャレンジカップ (カシマ/19:20)
9月10日(火) ミャンマー対日本(アウェー)
10月10日(木) 日本対モンゴル(ホーム)
10月15日(火) タジキスタン対日本(アウェー)
11月1日(木) キルギス対日本(アウェイ)
11 月 19 日(火) ※キリンチャレンジカップ (吹田/時間未定)

2020年
3月26日(木) 日本対ミャンマー(ホーム)
3月31日(火) モンゴル対日本(アウェ-)
6月4日 (木) 日本対タジキスタン(ホーム)
6月9日 (火) 日本対キルギス(ホーム)
※キックオフ時間、試合会場は決定次第、お知らせします。

◇グループ F 各国との対戦成績◇
キルギス/1 勝 4 得点 0 失点
タジキスタン/2 勝 12 得点 0 失点
ミャンマー/5 勝 5 分 2 敗 17 得点 12 失点
モンゴル/対戦なし

▽その他のグループでは、イラン、イラク、バーレーンも同組に。

その他のグループの組み合わせ
グループ A:中国、シリア、フィリピン、モルディブ、グアム
グループ B:オーストラリア、ヨルダン、チャイニーズ・タイペイ、クウェート、ネパール
グループ C:イラン、イラク、バーレーン、香港、カンボジア
グループ D:サウジアラビア、ウズベキスタン、パレスチナ、イエメン、シンガポール
グループ E:バングラデシュ、オマーン、インド、アフガニスタン、カタール
グループ G:アラブ首長国連邦、ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシア
グループ H:韓国、レバノン、北朝鮮、トルクメニスタン、スリランカ

 各グループの1位8か国と各グループ 2 位のうち成績上位4か国、計12 チームが最終予選に進出する。同時にアジアカップの出場権を獲得する。

関連記事:小野伸二、遠藤保仁、中村俊輔と”初共演”長谷部誠が明かした心が整わなかった「日本代表初招集」

[サカノワ編集グループ]

Ads

Ads