横浜F・マリノス松原健に長男が誕生「一家の大黒柱として頑張り、リーグ優勝を目指す」

横浜FMの松原健(右)。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

3708グラムの男の子(第一子)。「僕には計り知れない痛みと闘ってくれた妻に感謝」

 横浜F・マリノスは7月19日にDF松原健(26歳)に第一子(男児:3708グラム)が誕生したと発表した。

 松原はクラブを通じて、次のようにコメントしている。

「この度、第一子となる元気な男の子が産まれました。

 出産に立ち会うことができ、僕には計り知れない痛みと闘ってくれた妻には感謝の気持ちでいっぱいです。そして、出産にあたって一時チームを離れていましたがその申し出を快く受けて下さった監督を始め、選手、スタッフの皆さんにもとても感謝しています。

 より一層サッカーに打ち込み、一家の大黒柱として頑張っていきたいと思いますし、リーグ優勝に向けてチーム一丸となって頑張っていきたいと思います!」

 松原は1993年2月16日生まれ、大分県宇佐市出身。180センチ、77キロ。これまでのキャリアは、大分トリニータユース―大分トリニータ―アルビレックス新潟―横浜FM。横浜FMでの在籍は3シーズン目。

 今季J1リーグ5試合出場、ルヴァンカップ3試合出場1得点を記録。J1通算は116試合出場2得点7アシスト。

 また横浜FMは現在12勝3分5敗(35得点・25失点)で、首位FC東京から勝点3差の2位につけている。

 チームは7月27日に日産スタジアムで(試合開始19:30 / 開場16:30 予定) 、「GALAXY ENTERTAINMENT EUROJAPAN CUP 2019」のフレンドリーマッチとして、プレミアリーグ連覇を果たしたマンチェスター・シティと対戦する。チケットは好評発売中だが、残りわずかとなっている。果たして満員の日産スタジアムで、松原への揺りかごダンスは実現するか――。

関連記事:父は元浦和の治氏。「僕は黒子」横浜の広瀬が埼スタでJ1初ゴール

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads