【マンC】グアルディオラ監督がマリノスを丸裸!?「分析しているが楽しい試合になりそうだ」

(左から)横浜FMの喜田拓也、ポステコグルー監督、、マンチェスター・Cのグアルディオラ監督、フィル・フォーデン。(C)SAKANOWA

ポステコグルー監督は「みんながワクワクする試合をしたい」。

[EJC] 横浜FM – マンチェスター・C/2019年7月27日19:30/日産スタジアム

「GALAXY ENTERTAINMENT EUROJAPAN CUP2019」(EJC) 横浜F・マリノス対マンチェスター・シティFCの前日記者会見が7月26日に日産スタジアムで行われ、横浜FMのアンジェ・ポステコグルー監督、喜田拓也、それにマンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督とフィル・フォーデンが出席して、試合への抱負を語った。

 ポステコグルー監督は「すごく楽しみにしています。私たちはシーズン途中ですが、今週もハードなトレーニングを積んできました。世界の中でもベストと言えるチームと対戦できることは、チャレンジな部分が大きくなると思います。何より、いい試合をしたい。みんなが楽しめる、ワクワクできるサッカーをできればと思います」「0-0で終わることはないでしょう」と抱負を語った。

 続いてグアルディオラ監督は次のように意気込みを示した。

「リバプールとの対戦も迫るなか、今回、日本に来ることができて嬉しく思います。横浜F・マリノスのスタイルは攻撃的かつ、後方からチェイスをしてきて、組織力のあるチーム。似たような考え方を持ったチームで、お互いに攻撃的な試合を展開できればと思います。再び来日し、横浜で試合ができることを嬉しく思います。皆さんに喜んでもらえるようなゲームにしたいと思います」

 一方、香港、中国と続いたアジアツアーに、「正直、疲れてはいます、疲れています」と、グアルディオラ監督は笑って言い、次のように続けた。

「理想的なコンディションではないのは確かだと思います。CMやマーケティングなど試合以外の活動もしてきましたので、ベストではないと言えます。ただ、それが悪いことだとは思っていません」

 プレシーズンの今だからこそ、いろいろ試せる。グアルディオラ監督はそのいいチャンスだと捉えている。

「少し疲れている状態のなかでもプレーしながら、メンタルをどのようにコントロールするのか。そういったことを試すいい機会だと捉えています。ここをどのように乗り越えていくか。対戦相手の分析をしていますが、チェックするほど、明日は楽しく良い試合になるなと感じています」

 指揮官は横浜FMを「分析している」と明かした。

 グアルディオラ監督をはじめとするあらゆるスタッフにとっても、限られた時間で相手チームの情報を分析し、それをチームに落とし込む――。プレシーズンでのスカウティングの”調整”をしていることがうかがえる。

 果たして、どのような横浜FM対策をしてくるのか。ベップは「明日を楽しみにしていてほしい」と呼び掛けた。

【関連記事】GK飯倉大樹が語った「ボンバー」中澤佑二の去った横浜の風景

[文:サカノワ編集グループ]

Title:YOKOHAMA F・MARINOS vs MANCHESTER CITY.Guardiola said”I’m analyzing a match team but it looks like it’s a good game”.

Ads

Ads