【レアル×アトレティコ】二人退場の乱闘騒ぎ!久保建英も止めに入る

久保建英。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

後半途中に交代出場した直後、ディエゴ・コスタとダニエル・カルバハルがやり合う。

[ICC]  レアル・マドリード 3-7 アトレティコ・マドリード/2019年7月26日(日本時間27日)/メットライフ・スタジアム(アメリカ・ニュージャージー州)

 カナダ・アメリカ遠征に参戦中のレアル・マドリードは日本時間7月27日、「インターナショナル・チャンピオンズ・カップ」(ICC)最終戦でアトレティコ・マドリードと対戦し、大量7失点を喫する失態を招いた。

 レアルは前半だけで0-5とリードされる、まさかの展開に。後半に入り1点ずつ取り合ったあとの62分、日本代表MF久保建英が5人交代したなかの一人として、ルカ・モドリッチと代わってピッチに立った。後半45分間プレーした第1戦のバイエルン・ミュンヘン戦(●1-3)に続いて、4-2-3-1のボランチに入った。

 しかし……その2分後だった。

 久保が競り合ったボールがこぼれると、先制点など4ゴールを決めていたディエゴ・コスタとダニエル・カルバハルが競り合い、二人がやり合う。これに両チームの選手とスタッフが入れ乱れて、乱闘騒ぎになる。幾人かが取っ組み合いになり、久保も後方から選手たちをたしなめようとした。

 なかなか両者の熱が冷めないなか、ケンカ両成敗ということか、ディエゴ・コスタ、カルバハルの二人が一発レッドカードで退場処分になった。

 試合は残り約25分、10人対10人の構図に。久保は1列高い位置に入ったが、さらにアトレティコ・マドリードが追加点を奪うなど、なかなか流れが変わらない。

 その後、ベンゼマのPKと久保のミドルのこぼれ球からのハビ・エルナンデスのゴールでレアルが2点を返したものの、アトレティコ・マドリードに3-7と完敗を喫した。

【関連記事】レアル移籍の久保建英。唯一の懸念は「3部リーグ」のレベル、FC東京と比べて…

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads