鈴木優磨が8か月ぶり実戦復帰で2ゴール!ベルギー”デビュー”

シント=トロイデンで実戦デビューを果たし、2ゴールを決めた鈴木優磨。(C)STVV

シント=トロイデンのユニフォーム姿を披露!シャルルロワとのトレーニングマッチでスタメン出場。

 ベルギー1部リーグのシント=トロイデンVVのFW鈴木優磨が8月5日、シントトロイデン市内で行われたシャルルロワSCとのセカンドチーム同士の練習試合で8か月ぶりの実戦復帰を果たし、さっそく2ゴールを決めた。

 鈴木の実戦でのプレーは、昨年12月5日の天皇杯準決勝(●0-1)でフル出場して以来。鹿島時代を含めて、今年初めてに。同じベルギーリーグ1部のシャルルロワとのトレーニングマッチでスタメン出場し、2得点を記録した。 試合はシント=トロイデンが2-4で敗れたという。

 鈴木は次のようにクラブ広報を通じてコメントしている。

「こっち(シント=トロイデン)に来てからハードで良いトレーニングができていたのでコンディションは早く戻るかなと思います。(今後は)個人としては、できるだけ点を取って、チームを助けたいと思います」

 1996年4月26日生まれ(23歳)の鈴木は、今年7月に鹿島アントラーズから初めての海外挑戦を決断し、シント=トロイデンに加入。鹿島時代はJ1リーグ通算96試合27ゴール、公式戦通算123試合37ゴールを決めていた。

 これまでのキャリアは、鹿島アントラーズジュニア―鹿島ジュニアユース―鹿島ユース(鹿島学園高校)―鹿島(2014年3月[※特別指定含む]から2019年7月)。

関連記事:内田篤人が「3大ポストプレーヤー」に挙げた鈴木優磨。鹿島決勝進出へ最大のキーマンだ

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Yuma SUZUKI of Sint-Truidense V.V. scored 2 goals.

Ads

Ads