急展開か「レアル久保はバリャドリードに移籍する」スペイン記者が投稿

久保建英。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

『マルカ』もこの情報を伝え、「レアルは提案を受け入れた」と報じる。

 レアル・マドリードのトップチームに続きBチームにあたるカスティージャでの実戦デビューを果たした日本代表のMF久保建英だが、8月7日、スペインの『エル・チリンギートTV』のJosep Pedrerol記者が「レアル・バリャドリードに移籍する」とSNSのツイートで発信した。

 同記者のツイートは次の通り。

「ニュースです。レアル・マドリードの久保が新シーズン、レアル・バリャドリードに期限付き移籍でプレーします。ロナウドの主張が通りました」

 信憑性は定かではなかった。しかし、この一報を受けて、スペイン紙『マルカ』WEB版が、より詳しいレポートを掲載した。

「(選手数が増えているため)レアル・マドリードは選手の放出に力を入れています。そこで次にチームから出発するのは久保建英です。『エル・チリンギートTV』によると、レアル・バリャドリードに期限付き移籍するようです」

 そのうえで、同紙が見解を示す。

「すでに伝えてきたように、外国籍選手枠の兼ね合いで久保がレアルのトップチームのメンバーから外れる場合、複数クラブが獲得したいと意思を示していました」

「そのなかで、バリャドリードのオーナーを務めるロナウド(元レアル・マドリード)はこの若い選手を求めて譲歩し、レアルはその提案を受け入れました」

 そのように、前日までは久保のトップチームでの活用法と育成について、さまざまな議論がされていたものの、まるで久保のバリャドリード行きを決定事項のように伝えている。

 もちろん、久保はカスティージャでの試合に出場しており、「カスティージャでプレーしながらトップチームを目指す」というプランが、あくまでも「規定路線」と見るのが妥当か。

 とはいえ、先の読めないカスティージャでのプレーよりも、1部リーグのチームで常に戦うほうが自身の成長にはつながるか。が、レアルのトップチームでの出場チャンスを掴むことにこだわるのであれば、やはり前者のほうが可能性は高いか……。

 いずれにせよ、まずこの「久保バリャドリード移籍話」に関しては、ジネディーヌ・ジダン監督をはじめとするスタッフからも説明がありそうで、数日中には決着しそうだ。

関連記事:小野伸二、遠藤保仁、中村俊輔と”初共演”長谷部誠が明かした心が整わなかった「日本代表初招集」

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Really? Real Madrid Takefusa Kubo will be transferred to Real Valladolid !?

Ads

Ads