トーレスが佐賀県の「SSPアンバサダー」に就任へ

鳥栖のフェルナンド・トーレス。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

世界屈指のストライカーが次世代のアスリート育成に一役買う!

 サガン鳥栖のフェルナンド・トーレスがこのほど、佐賀県の 「SSPアンバサダー」に就任することが決まった。同県が推進する「SAGAスポーツピラミッド(SSP)構想」の一環。8月20日に佐賀県庁で就任式が行われる。

 佐賀県は2018年度から、佐賀から世界に挑戦するアスリートを育て、アスリート引退後は指導者となり次世代のアスリートを育てる好循環を創る「SAGAスポーツピラミッド(SSP)構想」に取り組んでいる。

 同アンバサダーには、これまで佐賀県出身でもあるプロ野球西武ライオンズの辻発彦監督、広島東洋カープの緒方孝市監督、柔道のバルセロナ五輪金メダリストの古賀稔彦氏が任命されてきた。

 就任式では山口祥義知事から委嘱状を受けたあと、「次世代のアスリートの育成 ・スポーツが地域に根差した地域づくり」に関する意見交換もさっそく行う。

 山口知事は6月にフェルナンド・トーレスが引退発表をした際、次のようにコメントを発表していた。

「フェルナンド・トーレス選手が今シーズンでの現役引退を発表されました。

 昨年7月にサガン鳥栖に入団され、歓迎セレモニーでは多くの県民とともに歓喜し、応援歌の大合唱をしたことを思い出しています。

 スポーツの持つ大きな力を改めて感じ、エキサイティングなシーズンをトーレス選手と共に過ごせたことに感謝しています。

 人生の第二幕を迎える世界の至宝『サガン鳥栖 背番号9番』を一番近くで送り出せることを誇りに思い、県民みんなで今後のご活躍にエールを送りたいと思います。

 トーレス選手と佐賀県との絆がこれからも続いていくことを願いながら」

 世界屈指のストライカーが、佐賀で次世代のアスリート育成に一役買うことに。むしろ引退後、フェルナンド・トーレスと佐賀県のつながりは、より親密になっていくかもしれない。選手のセカンドキャリアの構築を含め、今後のサガン鳥栖とのさまざまな取り組みにも注目したい。

関連記事:フェルナンド・トーレスが「今季対戦して最も手強いと感じた選手」は?

[サカノワ編集グループ]

Topics:Sagan TOSU Fernando Torres assumed the post of SSP ambassador in SAGA.

Ads

Ads