初のW杯予選へ久保建英が日本代表入り!マジョルカ喜びの勇み足!?

8月22日に加入が決まったヤニス・サリビュルと記念撮影をする久保建英(右)。(C)RCD_Mallorca

クラブが公表。8月30日に日本サッカー協会の”正式発表”だが…。

 喜びの勇み足!? RCDマジョルカが8月28日にクラブ公式サイトで、マジョルカ所属の3選手が9月の国際Aマッチ期間にそれぞれフル代表チームに招集されたと発表した。そのなかに18歳の久保建英も入っていた。

 招集されたのは、マルティン・ヴァルイェント(在籍2シーズン目/23歳/スロバキア代表、1試合・0得点)、アレクサンダル・トライコフスキ(在籍1年目/26歳/北マケドアニア代表、38試合・12得点)、そして久保(在籍1年目/18歳/日本代表、4試合・0得点)。

 ヴァイエントはEURO2020の予選でクロアチア代表、ハンガリー代表との重要な試合に臨むという。一方、トライコフスキも同予選で、イスラエル、ラトビアと対戦する。

 そしてレアル・マドリードから期限付き移籍で加入した久保については、次のようにコメントが書かれている。

「国際Aマッチ2試合に臨むため監督から招集されました。最初の試合は9月5日、カシマスタジアムで親善マッチのキリンチャレンジカップとしてパラグアイ代表と対戦します。また、10日にはワールドカップ(W杯)予選に初めて臨みます。2020年のカタールW杯に向けて、ミャンマーと対戦します」

 選出されることが”前提”となっているが、果たして決定だろうか。日本サッカー協会は8月30日午後2時から記者会見を開き、森保一監督が発表する予定となっている。

 久保はキリンチャレンジカップの6月シリーズ、エルサルバドル代表戦(〇2-0)にて18歳5日と史上二番目の若さで国際Aマッチデビューを果たした。その後、ブラジルで開催されたコパ・アメリカ(南米選手権)でチリ代表戦で先発出場を果たすなど、全3試合に出場した。

 今回実際に招集されれば、スペインに渡ってから初めての招集となる。

 マジョルカは今週末の9月1日、バレンシアCFとアウェーで対戦する。前節のレアル・ソシエダ戦(●0-1)はメンバー外だった久保だが、果たして新天地デビューを果たせるか!? 

関連記事:レアル久保建英は早起きが苦手?練習場到着時に「激写」される

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads