【C大阪】主将の清武弘嗣が全治8週から10週。リーグ全24試合に先発

C大阪の清武弘嗣。(C)SAKANOWA

右ハムストリング筋損傷で。

 セレッソ大阪は8月31日、MF清武弘嗣が8月28日(水)のトレーニング中に負傷し、精密検査の結果、右ハムストリング筋損傷で、全治8から10週間と診断されたと発表した。

 C大阪のキャプテンを務める29歳の清武は、今季これまでリーグ戦全24試合に先発出場し(2024分出場)、1ゴールを記録していた。

 C大阪は明日9月1日、ホームのヤンマースタジアム長居で川崎フロンターレと対戦する。18:00キックオフ。

【関連記事】
・【C大阪】今季初ゴール清武弘嗣がサポーターと殊勲のダンス「もっとたくさんやりたい」

・【C大阪】湘南ねじ伏せた!主将清武弘嗣の今季初ゴールで連勝

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Hiroshi KIYOTAKE of Cerezo Osaka has had an injury which will take 8-10 weeks to heal completely.

Ads

Ads