大迫がブンデスリーガ公式のベスト11に選出!ブレーメンで初のドッペル

大迫勇也。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

2試合連続通算3ゴール。得点ランキング4位につける。

[ブンデス 2節] ブレーメン 3-2 アウクスブルク/2019年9月1日/ヴェーザー

 ドイツブンデスリーガ1部ヴェルダー・ブレーメンのFW大迫勇也が、ブンデスリーガ公式サイトによる3節(今週)のベストイレブンに選出された。

 大迫は9月1日に行われたホームでのFCアウクスブルク戦、圧巻のボレー弾など2ゴールのを決めて、チームは3-2の勝利。ブレーメンでの初の”ドッペル”で、今季チーム初の勝点3の獲得に大きく貢献した。

  また、チームメイトでもある元ボルシア・ドルトムントのヌリ・シャヒンも、ともに選ばれている。

 2試合連続ゴールを決めた大迫は、これまでリーグ計3ゴールを奪取。得点ランキング4位につけている。1位はバイエルン・ミュンヘンのロベルト・レヴァンドフスキで6ゴール。

 大迫はこのあと日本代表に合流。9月5日にカシマサッカースタジアムでのキリンチャレンジカップのパラグアイ代表戦、そして10日にアウェーでのカタール・ワールドカップアジア2次予選初戦のミャンマー代表戦に臨む。

 ブンデスリーガが選出した3節のベストイレブンは以下の通り。

▼FW
大迫勇也(ヴェルダー・ブレーメン)
ゴンサロ・パシエンシア(アイントラハト・フランクフルト)
ティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)
▼MF
バルガス・マルティネス(FCアウクスブルク)
イヴァン・ペリシッチ(バイエルン・ミュンヘン)
ヌリ・シャヒン(ヴェルダー・ブレーメン)
エリス・スキリ(1FC.ケルン)
▼DF
ヨシュア・キミッヒ(バイエルン・ミュンヘン)
ベンジャマン・パヴァール(バイエルン・ミュンヘン)
ダニー・ダ・コスタ(アイントラハト・フランクフルト)
▼GK
アレクサンダー・ニューベル(シャルケ04)

関連記事:「大迫選手は見ての通り…」久保建英の日本代表デビューで早速実現したハンパないコラボレーション

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Yuya OSAKO of Werder Bremen is elected the best eleven of Bundesliga official.

Ads

Ads