【日本代表先発&展望】交代カードから新たな「序列」が見えるか。試合中の3バックへのシフトも検討?

5日前のパラグアイ戦から変更なし!(C)SAKANOWA

5日前のパラグアイ戦からスタメン全員変更なし!

[W杯 アジア2次予選1節] ミャンマー – 日本/2019年9月10日(日本時間21:20)/ヤンゴン

 2022年開催のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選(兼2023アジアカップ予選)の初戦、ミャンマー代表対日本代表のメンバーが発表された。日本のスターティングメンバーは、5日前にカシマサッカースタジアムで行われたキリンチャレンジカップ(親善試合)のパラグアイ戦(〇2-0)から変更なし。”ベスト”メンバーで、ヤンゴンでの戦いに挑む。

 最新のFIFAランキングは、日本が33位、ミャンマーが135位、アジア内では日本が2位、ミャンマーが26位。

 日本代表の森保一監督は就任からちょうど1年を迎え、「これまでのベストメンバー」という23人をこの9月シリーズで揃えた。そして実力伯仲だったパラグアイ戦では、その中でも”ベスト”と言える顔触れを揃え、前半だけで2-0と「結果」を残した。

 その時に先発した選手たちへの強い信頼を物語る、今回の”変更なし”のスタメンとなった。

 そんな、このミャンマーとの初戦で注目したいのが「交代カード」だ。

 順当にリードを奪った時、あるいは苦戦を強いられた時、さらに突き放したい時、もしくは逃げ切りたい時……いずれにせよ、誰がどのように登場するかで、指揮官が考えている「序列」や、チーム作りを進めるうえでの今後の「課題」なども見えてきそうである。

 親善試合とは異なり、交代枠は「3」と限られる。そのなかで、指揮官が期待する選手も浮かんできそうである。

 また、状況によっては、3バックの採用もあるか? むしろ、そのテストを考えてのメンバーとも言えそうでもあり、一つ注目点になる。

 最強のメンバーを揃えて、日本代表がヤンゴンからカタールへの道のりを歩み出す。力強い一歩を踏み出したい。

 ミャンマー対日本戦は9月10日現地時間の午後7時20分、日本時間の午後9時20分キックオフ。試合の模様は日本テレビ系列にて全国で生中継される。

関連記事:3バック、右に久保&冨安。ミャンマー戦「最終布陣」を予想する│日本代表

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads