【浦和】痺れる激闘!興梠がACL日本人最多25点目でベスト4進出

上海上港とのACL準々決勝第2戦、浦和の興梠慎三が先制!写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

上海上港と1-1、2試合トータル3-3。アウェーゴールルールで勝ち上がる。

[ACL 準々決勝-2nd] 上海上港 1-1 浦和/2019年9月17日/埼玉スタジアム2〇〇2
※2試合トータル3-3、浦和がアウェーゴールルールでベスト4進出

 アジアチャンピオンズリーグ( ACL )の準々決勝・第2戦(セカンドレグ)、浦和レッズ対上海上港戦は、浦和がFW興梠慎三のゴールで先制に成功。60分に1点を返されたものの、1-1の同点で試合を終えた。2試合トータル3-3、アウェーゴールルール(浦和2点、上海1点)により2大会ぶりのベスト4進出を果たした。

 両チームともに主導権を握る展開のなか、迎えた39分、左サイドの関根貴大のクロスに興梠がジャンプヘッドで合わせ、ホームチームが先制に成功する。

 興梠は自身が持つACL日本人最多ゴール記録を「25」に更新。同ゴール数は大会歴代でも5位タイとなった。

 しかし60分、ワン・シェンチャオのゴールで1-1の同点に。

 その後は、そのままのスコアであれば浦和が勝ち上がり、上海が1点奪えばたちまち逆転というスリリングな展開に。試合終盤には浦和の守備陣が円陣を組んで、確認し合う場面も。

 最後のセットプレーでは、相手ゴールキーパーもゴール前へ上がるが――それを槙野智章が跳ね返して試合終了に。この試合は1-1、2試合トータル3-3。アウェーゴールルールにより浦和が、優勝した2017年大会以来のベスト4に進んだ。

 浦和は準決勝、鹿島アントラーズか広州恒大の勝者と対戦する。

 浦和のメンバーは次の通り。

浦和レッズ
URAWA REDS
▼先発
GK
1 西川周作
DF
4 鈴木 大輔  
5 槙野 智章
31 岩波 拓也
MF
7 長澤 和輝
8  エヴェルトン
(78分→29 柴戸 海)
12 ファブリシオ
(86分→9  武藤雄樹)
16 青木拓矢
27 橋岡大樹
41 関根貴大
(83分→22 阿部勇樹)
FW
30 興梠 慎三

▽控え
GK
25 福島春樹
DF
26 荻原拓也  
MF
3 宇賀神友弥
FW
14 杉本健勇

▽監督
大槻 毅

【浦和】【浦和】ACL4強への鍵は「好プレーの再現性」

Topics:AFC ASIA CHAMPIONS LEAGUE(ACL)  ; Urawa reds – Shanghai International Port FC ;Shinzo KROKI get a goal!

Ads

Ads