マジョルカ久保、2試合連続スタメン。初ゴールなるか?「困難な相手」とモレノ監督は警戒│アラベス×マジョルカ

久保建英。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

いずれも今シーズンまだ「1勝」。低迷脱出を懸けた一戦に――。

[スペイン1部 7節]  アラベス – マジョルカ/2019年9月28日(日本時間28日23:00)/エスタディオ・デ・メンディソロツァ

 スペイン1部リーグ(ラ・リーガ)のデポルティーボ・アラベス対RCDマジョルカのメンバーが発表され、日本代表の久保建英は2試合連続でスターティングメンバーに名を連ねた。

 マジョルカのビセンテ・モレノ監督はこのアウェーでのアラベス戦に向けた公式記者会見で、次のように抱負を語っていた。

「難しい相手です。アラベスはボール失うことがそんなになく、指揮官は試合を難しくします。順位が私たちの戦いに与える影響はそれほどありません。もちろん勝てればより良いですが、この困難に立ち向かい、より新たな挑戦をしていけることに興奮を覚えています。もちろん満足はしていません。しかし、ナーバスにならず挑戦を続けることです。(連戦が続いたなかで)フィジカルの問題は、勝敗には関係しません」

 マジョルカはこれまで、リーグ戦1勝1分4敗(4得点・10失点)で20チーム中暫定19位。一方、アラベスは1勝2分3敗(2得点・7失点)で17位。いずれも今季「2勝目」を狙い、今後の戦いにも影響を与えそうな一戦になりそうだ。

 久保は18歳(2001年6月4日生まれ)になると同時にFC東京を退団。フリートランスファーになったこの夏、レアル・マドリードに加入し、プレシーズンでの活躍が評価されて、今季2部リーグから昇格したマジョルカに1年間のレンタルで加入した。これまで途中出場2回、先発2回の計4試合(199分間)に出場。5節のヘタフェCF戦(●2-4)で、初アシストを記録している。

 18歳の日本代表。果たして初ゴールと、加入後初勝利なるか――。

関連記事:【記者会見全文】マジョルカ久保がホームデビュー「PKのキッカーは決まっているの?」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads