【日本代表スタメン予想】大迫不在のCFは”実績”の永井か。GKにシュミット起用も?

(C)SAKANOWA

久保は左MFであれば可能性が低い?

[カタールW杯 アジア2次予選 F組2節] 日本 – モンゴル/2019年10月10日19:35/埼玉スタジアム2〇〇2

 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のグループF・2節、日本代表が10月10日、ホームの埼スタでモンゴル代表と対戦する。FIFAランキングは日本が31位、モンゴルが183位。日本はこの試合の後、同予選2連勝中のタジキスタン代表(同115位)と15日にアウェーで対戦する。

 この10月シリーズの焦点は、ケガで不参加となったエースストライカーの大迫勇也の穴をどのように埋めて、「大迫不在時」のアジアでの戦い方を見出すか。

 純粋なセンターフォワード(CF)タイプは、今回、永井謙佑しか招集されていない。代表復帰を果たした鎌田大地は2列目、浅野拓磨はウイングを主戦場とする。二人ともCFでも力を発揮できるが、6月10日のエルサルバドル戦で2ゴールを決め、9月5日のパラグアイ戦でも大迫と交代出場でピッチに立っている永井が「実績」で一歩リードしており、先発が有力視される。「基本的には守備を固めて対応することになる」とモンゴル代表のミヒャエル・ヴァイス監督は日本対策を語っている。永井であれば、その組織を個で寸断できる十分な馬力も備えている。

 また、注目を集める久保建英だが、先発のチャンスがあるならば、FCポルトでの連戦に臨んできた中島翔哉の務める左MFか。ただ、RCDマジョルカでの直前の試合、久保は左MFで途中から起用されたものの、目立ったプレーを見せることができなかった。

 原口元気、伊東純也と、このポジションを主戦場にした経験のある、カットインを武器とするドリブラーもいるだけに、可能性はやや低いか。ただし、FC東京でも一緒にプレーしていた永井の武器であるスピードを最大限に引き出すことを考えれば、最適なタレントと言える。

 森保監督は10月シリーズの選手起用について、「いろんな選択肢を考えながら、この2試合を戦っていければと思っています。ただ、まずは目の前の一戦で勝点を掴み取るため、しっかり準備して、この試合が終わってから、次のタジキスタン戦に向けて、チームと選手の状態を見て(選手起用について)考えていきたいと思います」と語る。思い切ったターンオーバーはせず、あくまでもベスト布陣を組むことを示唆している。

 9月のミャンマー戦から変更があるならば、ゴールキーパーか。権田修一はカップ戦でチャンスを得てきたが(2試合出場)、まだリーグ戦での出場はなし。一方、大量失点を喫した試合もあるものの、公式戦10試合連続出場を続けるシュミット・ダニエルが、ポジション奪取に挑む。遠藤航、安西幸輝もスタメンで見てみたいタレントだ。

関連記事:「久保建英ロス」カスティージャの今、ラウル監督が困っている

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads