【日本代表先発&展望】立ち上がり主導権を握り一気に先制へ!久保2戦連続ベンチスタート。鎌田、橋本、堂安、植田の4人を入れ替え

(C)SAKANOWA

モンゴル戦で軽い捻挫の酒井も右SBに入る。

[カタールW杯 アジア2次予選3節] タジキスタン – 日本/2019年10月15日17:15(日本時間21:15)/パミール・スタジアム(ドゥシャンベ)

 カタールワールドカップ(W杯)アジア2次予選の第3戦、タジキスタン代表対日本代表のスターティングメンバーが発表された。日本は鎌田大地、堂安律、橋本拳人、植田直通と4人が新たに先発に名を連ねた。またモンゴル戦で軽い捻挫を起こした酒井宏樹もメンバーに入っている。FIFAランキングは日本が31位、タジキスタンが115位。

 日本は10日の埼玉スタジアムで行われたモンゴル代表戦(〇6-0)から、永井謙佑、伊東純也、遠藤航がベンチに回り、左大腿部を傷めた冨安健洋が離脱。FC東京の室屋成が追加招集された。

 システムは引き続き4-2-3-1が予想され、センターフォワードに鎌田、2列目は左から中島翔哉、南野拓実、堂安、ボランチは柴崎岳&橋本、そして最終ラインは左から長友佑都、吉田麻也、植田、酒井、最後尾に権田修一が入ることになりそうだ。橋本が唯一の国内組。

 フィジカル強度が高くこれまで予選2連勝中のタジキスタンに対し、日本はまず立ち上がりに主導権を握り、できればその流れから先制点を決め切りたい。モンゴル戦ほど一方的な展開にはならないと思われ、いつ攻めて、いつ守るのか、そういったチームとしての意思統一を90分間図れるかがポイントになる。

 これまで両チームともに2連勝中で、日本は8得点・0失点、タジキスタンは2得点・0失点。

タジキスタン戦に臨む日本代表のメンバーは次の通り。
※名前(所属)出場・得点(GKは失点数)

▼日本代表
▽先発
GK
12 権田 修一 (ポルティモネンセSC/ポルトガル) 13・-9
DF
5 長友 佑都(ガラタサライSK/トルコ) 119・3
22 吉田 麻也(サウサンプトン/イングランド) 97・10
19 酒井 宏樹(オリンピック・マルセイユ/フランス) 58・1
2 植田 直通 (セルクル・ブルージュKSV/ベルギー) 8・0
MF
7 柴崎 岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ/スペイン)41・3 
13 橋本 拳人(FC東京) 4・0
10 中島 翔哉(FCポルト/ポルトガル)15・5
9 南野 拓実(ザルツブルク/オーストリア) 19・7
21 堂安 律 (PSVアイントホーフェン/オランダ) 17・3
FW
18 鎌田 大地(アイントラハト・フランクフルト/ドイツ)2・0

▽控え
GK
1 川島 永嗣 (RCストラスブール/フランス) 90・-97
23 シュミット・ダニエル(シントトロイデンVV/ベルギー)5・-2 
DF
3 安西 幸輝 (ポルティモネンセSC/ポルトガル)3・0
4 畠中 槙之輔 (横浜F・マリノス) 3・0
16  室屋 成(FC東京)9・0
MF
8 原口 元気(ハノーファー96/ドイツ) 50・10
6 遠藤 航(VfBシュツットガルト/ドイツ) 20・0
14 伊東 純也(KRCヘンク/ベルギー) 15・2
20 板倉 滉(FCフローニンゲン/オランダ) 3・0
17 久保 建英(RCDマジョルカ/スペイン) 6・0
FW
11 永井 謙佑(FC東京) 8・2
15 浅野拓磨(パルチザン・ベオグラード/セルビア)18・3

関連記事:【日本代表】都道府県出身ランキング。王国静岡ゼロ、埼玉3位タイ、1位は断トツ…

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads