【ヨーロッパリーグ】AZ菅原由勢が大会初ゴール「イエーイ!決められました」

トピックス・ニュース, 海外日本人

菅原由勢AZ

サカノワスタッフ

AZの菅原由勢がELで初ゴール!喜びの声をさっそく発信。 ※AZの公式ツイッターより

カザフスタンのアスタナに6-0快勝、マンチェスター・Uに続きグループ2位につける。

[EL GS3節] AZ 6-0 アスタナ/2019年10月24日/京セラ・スタディオン

 オランダ1部のAZアルクマールがヨーロッパリーグ( EL )のグループステージ3節、カザフスタン1部のFCアスタナに6-0の大勝を収めた。この夏に名古屋グランパスからAZに完全移籍した菅原由勢は71分に途中出場。自身のヘディングシュートでPKを獲得して83分の4点目をもたらし、さらに85分、右サイドを切り崩して自身EL初ゴールを決めた。

 試合はさらに1点を追加したAZが6-0と圧勝。グループステージでは、プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに続いて2位につけている。浅野拓磨が所属するパルチザン・ベオグラードはマンチェスター・Uに0-1で敗れて同グループ3位に。

 菅原はクラブのSNSの公式アカウント( @AZAlkmaar )を通じて、スタジアムから試合直後の声を発信。

「ヨーロッパリーグで点を決められました。イエーイ! また試合が続くので頑張りたいと思います。I love AZ.」

 そのように日本とAZのファンにメッセージを届けた。

 菅原はこれでELは3試合(168分)1得点。一方、オランダ1部のエールディジビジは7試合(276分)1得点1アシスト。

 AZは国内では6勝2分2敗(21得点・8失点)で4位につけている。今週末の10月27日は、アウェーで堂安律の所属する2位(7勝2分1敗)のPSVアイントホーフェンと対戦する。注目のカードだ。

 ちなみに強風により屋根の一部が8月に吹き飛んだAZのホームスタジアムであるAFASスタディオンだが、今なお復旧作業が進められていて、クラブとしては12月を目途に使用を再開したいという意向だ。今回のアスタナ戦もADOデンハーグのホームスタジアムで行われた。

関連記事:本当?レアルがレヴァンドフスキ獲得検討。久保建英とのホットライン確立も!?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads