【浦和】大槻監督「あの行為は間違いでした」。クラブが異例の独自制裁、Jは1試合出場停止

鹿島対浦和戦、浦和ベンチ前で揉み合いに。鹿島の永木を突き倒す形になった大槻監督が退場処分を受けた。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

指揮官への処分内容が最終決定。川崎戦は上野コーチが代行。

[リーグ 32節]  浦和 – 川崎/2019年11月5日18:30/埼玉スタジアム2〇〇2

 11月1日に行われた鹿島アントラーズ対浦和レッズ戦、80分過ぎ、浦和のベンチ前で選手同士の揉み合いのあと、永木亮太の胸を突いた浦和の大槻毅監督がレッドカードを受けて「乱暴な行為」により退場処分を受けた。

 11月3日、Jリーグは次のような理由で、1試合の出場停止処分にすると発表した。

「日本サッカー協会競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同監督の自チーム競技者と交錯しながら、テクニカルエリアに入って来た相手競技者を片手で押し倒した行為は、『乱暴な行為』に相当すると判断、1試合のベンチ入り停止処分とする」

 大槻監督はホームで行われる11月5日の32節・川崎フロンターレ戦はベンチ入りできない。上野優作ヘッドコーチが代行を務める。

 また、11月2日、クラブは独自に大槻監督に対し戒告と制裁金100万円、中村修三ゼネラルマネジャー(GM)に戒告の処分を科すと発表した。クラブ独自にこうした制裁を科すのは異例の対応と言える。

 クラブは「鹿島アントラーズ戦での大槻 毅監督の行為に対するクラブ処分について」として、次のように発表している。

 2019年11月1日(金)のJ1・30節 鹿島戦において、大槻毅監督が鹿島アントラーズの選手に対する乱暴な行為により、退場処分を受けたことで、選手はじめ鹿島アントラーズ関係者、Jリーグ関係者、並びに両クラブのファン・サポーターのみなさま、サッカーに関わる大変多くの方々に対し、不快な思いを抱かせてしまい、誠に申し訳ありません。深くお詫び申し上げます。

 浦和レッズは、「SPORTS FOR PEACE!」で提唱している通り、暴力行為を根絶することをめざし、青少年の健全な育成に寄与することを理念に掲げるクラブとして、今回の監督の行為は、いかなる理由があろうとも許されるものではなく、厳正に対処すべき事案と考えております。

 つきましては、大槻 毅監督並びに中村修三GMに対し、以下の処分を課すことといたしましたので、ご報告させていただきます。

1.処分内容

(1)大槻 毅監督:戒告並びに制裁金100万円
(2)中村修三GM:戒告

 なお、浦和レッズが、「スポーツは闘いです。しかし、そこにはルールがあります」という考えに基づき推進している「SPORTS FOR PEACE!プロジェクト」に関する講習の受講を、あらためてクラブ全体に義務付け、再発防止に取り組んで参ります。

大槻毅監督のコメント
「選手と共に常に闘わなければいけませんが、あの行為は間違いでした。鹿島アントラーズの選手並びにチーム関係者、すべての浦和レッズに関わる人たちに謝罪いたします。 この経験を糧に、選手と共に闘っていきます」

──・──・──・──

 この夏に世界共通で改正されたルールにより、Jリーグでもベンチ入りしているスタッフに、イエローカード、レッドカードが提示されるようになった。国際サッカー評議会(IFAB)の2019-2020シーズンの競技規則「5条・主審」の「3項・職権と任務」の「懲戒処置」では、次のように記されている。

責任ある態度で行動しないチーム役員に対して処置をとり、注意する、イエローカー ドで警告する、レッドカードで、競技のフィールドとその周辺(テクニカルエリアを含む)から退場させる。反則を犯した者を特定できない場合、テクニカルエリア内にいるより上位のコーチが罰則を受ける。

関連記事:内田篤人が気にするVARの先の信頼関係「俺の下手なドイツ語でもね…」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads