【欧州CL】長友なす術なくレアルに大敗。久保と同期ロドリゴがハットトリック

長友佑都。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

バックパスのインターセプトを許し失点。終盤に途中交代。

[欧州CL GS4節] レアル・マドリード 6-0 ガラタサライ /2019年11月6日/エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ

 UEFA欧州チャンピオンズリーグのグループステージ4節、トルコリーグ2連覇中の王者ガラタサライSKが、スペイン1部リーグ(ラ・リーガ)のレアル・マドリードにアウェーで0-6の大敗を喫した。日本代表DF長友佑都は左サイドバックで先発したものの、対峙した18歳のブラジル代表ロドリゴにハットトリック(3点目は長友交代後)を決められ、自身のミスパスからロドリゴにボールを奪われベンゼマのゴールも許した。

 ガラタサライは3節のホームでの一戦、トニ・クロースにゴールを決められたものの0-1と奮闘。今回サンティアゴ・ベルナベウで、今大会初ゴールと初勝利を狙ったが……一度勢いをつけた「白い巨人」を止められなかった。

 長友と対面にいたロドリゴが開始4分のファーストプレーで、カットインから左足のシュートを決めて先制に成功。さらに7分、左サイドバックのマルセロのクロスに、再びロドリゴがヘッドで合わせて2点目を決める。

 さらにPKで1点を追加したレアル・マドリードに対し、長友の放ったバックパスをロドリゴにインターセプトされ、そのクロスからカリム・ベンゼマに4点目を奪われる。

 さらに1点を奪われ、0-5と一方的にリードされたなか、長友は88分で交代に。その直後、ベンゼマのパスを受けたロドリゴに、ハットトリックを決められた。

 レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督は試合後の記者会見で、「ロドリゴは出場機会を得ると、常に良いパフォーマンスを見せてきました。ハットトリックに驚くかもしれませんが、彼の才能は豊かで、しかも懸命にチームのためにプレーします。ロドリゴはハッピーでしょう、私も彼のプレーを見ることが楽しくて仕方ありません」と、18歳のアタッカーを絶賛した。レアル・マドリードにいた久保建英とはプレシーズンマッチやカスティージャ(Bチーム)でともにプレーしていた”同期”であり同い年のブラジル代表アタッカーが、欧州最高峰の舞台で衝撃を残した。

 ガラタサライはこれまで1分3敗でグループ最下位、0得点・8失点とゴールを奪えずにいる。得失点差を考えると、事実上、グループステージ敗退が決まった。

 一方、レアル・マドリードは2勝1分1敗、9得点・5失点と得失点差をプラスに転じさせた。1位のパリ・サンジェルマンは4連勝で決勝トーナメント進出を早くも決定。3位はクラブ・ブルージュで0勝2分2敗。

関連記事:本田圭佑がフィテッセと正式契約。カンボジア代表監督は継続

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads